スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ200回記念!僕は、麺が、好きだっ!(前半)

P1070850top.jpg
今回は特集、麺尽くしだっ!!これは中国の逸品ラーメン『蘭州ラーメン』



なんかおめでたいタイトルから始まってますよっ。今日は大特集!、の前半。

2回後のブログで200回!に達するのですが、今回からその特集号を始めます。

ただ次回金曜は総括マジメブログの日なので、なんと隔回で200回特集組むのです!

このやんぶろ特集号はもう、偏見全開、付いて来いや!!的に突っ走ります!!!


え!?ってか、いつの間に200回!?って感じですね。

正確には200記事ではないですが、2回後は200回目の記事です(途中ボツ記事挟んだ?)

今日のブログのタイトルをクリックすると、URLの後ろにentry-198って出ると思います。

っと言う事で、独断と偏見により200回特集といたします!文句あるか!


さて、今日のブログ、読み終わったら麺類が食べたくなること120%。保証いたします。

そう、徹底的に麺類のお話です。このブログ用に準備した写真33枚の内、32枚が麺の写真!

(全部は使わないが予備も含め。特集内で麺じゃない写真がどこで出たか探して欲しい(苦笑))

っと言う事で、さぁ、これよりしつこい位に麺のお話です。



Allio.jpg
先ずはパスタでジャブ。これはペペロンチーノ。得意パスタの一つです。



自分はこの2年間で、はっきりとある事を自覚しました。

そう、それはこういう事。




麺類>ごはん



これ、薄々気づいては居ましたが、なんとなく自分では回避していた事でした。

でも、よく考えると、一人で外でごはんを食べる時、ほとんどが麺類。日本ではラーメン。



P10601453.jpg
これ、『マルタイラーメン』を改造。ヤン車ばりにいかついインスタントになってます。
ちなみにこの味玉とメンマ、チャーシューは自作。ラーメン三銃士と呼んでます。



まぁ、これらの事実に気づいたのは、自分の1週間の食生活を思い出していたある日。

その時まで意識もなかったのですが、愕然とする、ある事実に気付かされました。



『一週間であまり米食べてなくね?』



日本人として結構ショックでした。その時まで「ラーメン好き」位に思っていたからです。

でも、よく考えたらパスタ大好き。そして、おそば大好きなんですよね。



Zaru-soba.jpg
ざるそば大好き。めんつゆなんて今は味確かめなくても作れますね。


こうなったら麺をとことん語ってやります。

この麺好き、実は意外に下地があるんです。


-----------------------------------------------------------------------
①父親の実家はそば屋を営んでいた時期がある。

②大学時代アルバイトはイタリアンのコック。日々パスタ作ってた。

③第一次ラーメンブームの時に大学生。車でラーメンの旅を幾度と無く行った

④大学で学んでいた中国語、その中国はラーメンの大国。

-----------------------------------------------------------------------


「若干こじつけ感が…?」なんてクレームは受け付けません。麺に囲まれていたのです。

その結果どうなったか?そう、複合型麺好きが誕生してしまったのです。



P1090684.jpg
これはタイで食べた卵麺。これも相当美味いっ!ただ、ちょっと味の素が多い。。



『複合的麺好き』とはどういう事か?ラーメンに留まらず麺類が好きな人種を指します。

例えると、会社に一台はある、プリントからスキャンまでなんでも出来る複合型プリンターだ。



#35843;整大小 重新曝光 P1030124
これはうちの近所の屋台の焼きそば。味はいいんだけど、麺にコシが無いのが難点。
作り置きだからしょうがないんだけど、コシ付けたら最強なんだけよなー。残念。



まぁ一言で麺と言ってもかなり種類が豊富です。さぁ、ここでご紹介しましょう(勝手に語る)。

『複合型麺好きが好きな麺順位』(=好きな麺類の順番…)を!


-----------------------------------------------------------------------
1.ラーメン …不動の麺類キング!白米のおかずになる麺類なんてお前しかいない!

2.パスタ  …パスタはデイリーフーズだ!パスタなら幾らでも味の研究ができる!

3.おそば  …こんな飽きない麺類も珍しい!お前はいつもしっとりと寄り添うな!

4.やきそば …ソースに絡み合ったレトロ感がたまらない!尚、キングはペヤングだ!

5.うどん  …強豪がひしめく中で、“風邪を引いても食べられる”優しさランクイン!

・                    (中略)

最下位.ほうとう …おばあちゃんの部屋のニオイがするんだよね。後、かぼちゃ多すぎ。

-----------------------------------------------------------------------



いやー、麺類!なんてキャッチーな奴ら!!素晴らしい!!!

ほどばしるね、麺類。ほどばしるね、麺類への愛。




#35843;整大小 旋#36716; 重新曝光 重新曝光 P1040078
ちなみにペヤング大好き。ペヤングトークで30分はイケますね。



自分が思うにですね、麺がご飯に勝てないことってとりあえず一つだけなんですよ。

これだけはご飯のすごいところ。麺類も見習わなくちゃいけない。それは…



ご飯は再加熱/保存可能。麺は冷めたら(時間が経つと)マズイ。



いやー、麺類を好きなだけ、やっぱり正直に語ったほうがいいでしょう。

この21世紀、期待するのは『再加熱しても味が変わらない麺類』ですね。



P10710592.jpg
これは中国の少数民族の麺。さしずめ少数民族冷やし中華。ウマウマ!



なんか何を語っているのか分からなくなってきたので、残りは後半へと続けましょう。

後半はこの2年間にスポットライトを当てて、麺について語ります。

熱いぜ麺トーク!!まるでラーメンをすすった時の汁みたいにほどばしってる!!

うぉーーー!後半へ続く!!メーン!!!(←実は元剣道部。掛け声はメン(面)!!)


P1080238.jpg
トマトと海老のディアボロ(ピリ辛)。これも得意パスタ。



最近コメントが少なくて若干さみしいので、コメントで麺トークしましょう!!

あなたの麺への思い!熱く語って!!ってか、この話に付いてきて!!引かないで!!



Kara-Miso Ramen
麺好きが高じて任地でスープから作った辛味噌つけ麺。ここまで来ると若干変態感が出ています。
ちなみにとなりのミニチャーシュー丼も自作です。ご飯と並ぶ麺!美しい!!
スポンサーサイト

極めろ!時短料理!!挑戦の先に見えたものとは!?

P1090054top.jpg



こんにちは。今日、サッカーの試合で硬い足のつま先で何故かお尻君を蹴られました。

「何故、ケツに!?」っと心の中で叫びながらFKゲット。それを仲間が先制ゴールしました。

今、動くだけでも痛いのですが(多分青あざ…)、殊勲のお尻君な訳です。

その他、もう一つアシストを決めて、お尻君痛めながらも2アシストで勝利したやんぶろです。



さて、試合でボロボロになったので今日は簡単に。

そういえば前回のブログからやんぶろ見た人は、「なんてこ難しい人なんだ…」と思った事か。

そんな勘違い(悲しいが正しい言葉だ)を払拭すべく、今日は逆の路線で攻めたいと思います。

そういう訳で今日は久しぶりの料理ブログ。



しかしながら、最近、ただの料理ブログでは飽き足らないので、今日は新しい趣向を。

今学期、目標にしている“時短料理”目指せ!最短時短最多料理の報告ブログです。

自分が掲げる“時短”とは、『キッチン滞在時間30分』という意味です。

実はこの料理、何を隠そう(←隠す事じゃない)前回の無駄のブログを書きながら作ったのです。



その前にちょっと話はずれます。皆さん、もしかしてこう思ってませんか?

「やんぴん、やたら何でもスムーズに行ってねー?」っと。

えぇ。自分でもちょっとその驕りはありました。料理もとりあえず成功しているし。

「なんか知らないが、自分は結構うまくいく星の下。くふふ…」なんて思った日もありました。



しかし!先に結論から入ります。

この“時短料理”、稀に見る失敗作に見舞われました(←単に失敗したと言いなさい)。

「この成功で、本格的に主夫としてスタートし、ちょっと奥さんでも募集しようかな…」

「うふふ…もしかしたらもしかして誰か来てくれたりして…」……甘かった!!!




発端は家のじゃがいもがちょっとしなって来たのを発見した事です。

「これでコロッケとか作るか。…それも時短で。」ええ。調子こいてました。

「コロッケ作る傍ら、他にも何か作れそうだな。」ええ。調子こいてました。

「ブログを書きながら書いたら、効率的かなー。」はい、すいません!!



という訳で、後の失敗を知らず、食材はこんな感じに揃えてみました。

作る料理は“コロッケ、煮物、ほうれん草のおひたし”の泣く子も黙る必殺3品。


P1090051.jpg
勇ましく整列する食材のつわもの共。今は彼らに謝りたい!



そして、時計についているストップウォッチ機能を使って、目指せ30分でスタートしました。
もちろん、ブログを書きながらの両輪?作業です。


P1090054.jpg
よーいドン!でストップウォッチ(時計上部)をスタートさせたものの…



最初は出だし快調。野菜をバシバシ切り、煮物を作ります。ついでにほうれん草を茹でます。


P1090055.jpg
大根入りまーす!!と快調に…



切った野菜を火にかけます。煮物は下の鍋で何度も何度も作ってるので、最早お手の物。


P1090058.jpg
「50分放っておけば煮物完成なんてチョロいぜ!」と油断して…



コロッケも同時作業。時短の為に、レンジでじゃがいもを柔らかくします(←時短っぽい!)


P1090056.jpg
「茹でてなんかやらねーよ!」っと罵り…(普段は茹でてます)



しかし、ここから、両輪の歯車が狂いだします…

ブログに気を取られ、でも煮物は煮えるし、じゃがいもは柔らかくなるし。

ほうれん草水切りながらコロッケの中身作って…それからブログ書いて…

はい、あっさりと自分のキャパを超えてしまいました。



コロッケの肉は豚肉だけなので本来肉脂を捨てなきゃいけないのに捨てなくて。

ほうれん草はそもそもちょっと茹で過ぎだし。

ブログを書きに戻ると、手を洗ってなかった事を思い出して。

あーだこーだしている間に、時間ばかりが過ぎていきます。既に23分を指していました。



これはまずい!っと、コロッケを手早く揚げる準備です。

あ、でもその前にブログ完成しないと…あせあせっ。


P1090060.jpg
とりあえず流れ作業的にコロッケを揚げようと…



結果、コロッケの中身は油っぽいし、揚げたのは焦げるし。


P1090067.jpg
焦げたコロッケ…食べられる程度でよかった…


それと、途中で煮物の存在をすっかりめっきり忘れ、鍋をちょい焦がしました。



P1090068.jpg
煮物、薄味にしようと思ったのに、めっちゃ煮詰まってるし…



更に時短に焦るばかり、余計な洗い物が増えていき…

なんか踏んだり蹴ったり(笑)。ほとんど一人『トムとジェリー』でした。


P1090064.jpg
水槽タンクに入りきれなくなった洗い物たち…うぅ…すまぬ…



結果、食卓に並ぶ必殺3品は、誰への必殺なんだかわかんなくなってしまいました(笑)

時間も計42分。大幅にオーバーです。しかも洗い物も多いし。

という訳で、今日は非常に情けない、失敗時短ブログでした。

いやー、急がば回れって事だわ。


P1090069.jpg
まぁ、こう見るとちょっとマシに見えるんですがね。



しかしながら、今日の一日を教訓に学びました。それはこの漢の悲痛な叫びに集約されます。

『焦るなら 時短するなよ ほととぎす』

秋ならでは!っと、ちょっと忙しい日々。

P1080833top.jpg



こんにちは。我が省都武漢で、反日デモが起こしましたね。しかも2日連続。

ご心配して頂いた皆様(いるのか!?)、やんぴんは元気です。(でも、たまに反日発言されますが)

まぁ、恩施においては武漢で起きた暴動なんて、奥多摩市民にとっての丸の内デモみたいなもん

こうお考え頂くと、恩施なんて平和なもんです。元気にやんぶろです。



とはいえ、この10月の後半、ちょっと忙しい日々です。いや、かなり。

授業や講演(来週もある)、それに4年生の卒論の書き方講座等の準備でヒーコラしています。

加えてサッカーリーグ戦+学校のおじさん体育教師に混ざって校内サッカーリーグ(は強制参加)

土曜はサッカーと学生と料理のダブルヘッダー。ってな、ちょいと忙しい日々。



特に4年生の卒論書き方講座。これが結構大変です。PPTで50枚以上準備しました。

出来る一部の学生を除いて、もう論文の呈すらなしてないので、一から指導です。

同僚教師の頼みで「演繹法教えてっ」だって。演繹法ですよ!?ここ3年で聞きました!?

そんな準備をヒーコラヒーコラ。なんとか仕上げてやりました。



なんて愚痴はどうでもいいんですが。

え?トップの写真は何だって?なんでモザイクがあるんだって?

ふふ。そうです。今日のブログは忙しい日々の愚痴かと思わせてですね、違うんです。

実は秋にふさわしい季節の料理ブログ。サブタイトルは“レッツ嫌がらせ”。



これ、なんだか覚えていらっしゃいますか?

延吉旅行で買ってきたお土産です。


P10805351.jpg
ふふ・・・そう、これは『松茸』です!!!



えー、これでですね。作っちゃいましたよ、ええ。例のモノを。

『松茸ご飯』だーー!!キターー!!!(/`∇)/



P1080819.jpg
あ、ちょっと松茸多すぎたかも。ぐふふ。



和食を覚えた自分に炊き込みご飯なんておそるるに足らず。

これで、秋らしい食卓です。向こうに見えるのは最近凝ってるプチおでん。



P1080833.jpg
あー、ちょっと松茸多すぎたかなー。ぐへへ…



秋はご飯がおいしい。マサに食欲の秋ですね。

久しぶりにご飯を2膳食べました。



P1080836.jpg
ちょっと松茸…って、しつこいか。



いやはや、嫌がらせブログ、お後がよろしいようで(切れないで下さいね。)

11月になれば自分の時間が作れます。それまでレッツゴーだ!!



P1080838.jpg
夜食で食べた松茸ご飯おにぎり。いやー、マツタケ君、はみ出ちゃって。ぷっ。

大好評につき!、キムチの作り方!!、ご紹介!!!

P1080296top.jpg



こんにちは。今日も先週末に続き、のっけから、週明けから本題に入ります。

今日は前回大好評だったキムチ続編です。沢山のコメントを頂き、ちょっと作り方を覚えました。

そう、今回は『キムチ作り方!!』編!

“ご家庭で作れる!!自家製キムチであなたもキムチマスター!!!”ですっ。



さて、先週のキムチ作りから一週間。美味しくキムチを完食いたしました。

すると、そういえば今週末、またしても朝鮮族の別の子とご飯の約束があったじゃないですか!

早速彼女(今回は女の子)に打診。バカ教師、こういう時だけ動きが早いです。

バカ教師:「あのー、キムチは作れますか??」



Kさん(今回は3年生の女の子)は少し考えて…

そのKさん:「はい、お母さんに作り方を聞けば、大丈夫だと思います」。

おぉ!!やった!!!キムチゲットです!!!

その子は聡明な子だから(1を聞けば10分かるタイプ)、彼女がOKならOKでしょうっと…



キムチトークに入る前に、Kさんのご紹介。

彼女は中学から前回の朝鮮族の先輩同様、日本語を習っています。

静かな子なので、口語は苦手ですが、文法理解度はピカイチ。とても聡明な子です。

バカ教師の無理なお願いにも、“少し考えてOK”だったので、自分も安心したのです。



それでは、ごほん。

今回はキムチとカクテキを作りました。

以下、キムチメーキングです。どうぞ皆様のご参考にしてください。

(オイキムチ作ろうと思ったら、間違えて大根を買ってしまいました…すいません…涙)



1.白菜等の野菜の下準備

基本的に日本の塩もみと同じ要領です。塩をまんべんなくまぶして、中の水分を抜き取ります。

Kさん(のお母さん)曰く、塩は粗めの塩のほうが良い。理由は不明です。

白菜は一枚一枚はがして両面に塩を、カクテキはサイコロ型に切り揉むように塩をぬりこみます。

尚、今回、塩は我が日本の兄貴分がくれた南米の怪しい塩を採用。韓国ミート南米です。



P1080267.jpg
一枚一枚、丁寧に塗りこみます。



P1080270.jpg
カクテキ(大根)の場合は、一気にもみこむ様にしていきます。



P1080265.jpg
今回使用した塩。南米のお土産です…サンキュ、兄貴殿。。。



P1080268.jpg
白菜は最後に一気にもみこみました。これは日本の漬物の要領でやってみました。



そのまま漬けておくと、驚く位に水分が出てきます。

塩もみした白菜等をザルに入れるのが一番だと思います。

ザルではなくボールだったら、何度か水分を捨ててください。

今回、余分な水分を出す為に、急造で漬物石のごとく、重しを置いてみました。



P1080269.jpg
この作業も日本の漬物の要領でやってみました。やらなくてもいいのかも。でも水は捨ててください。



はい、このまま6時間放置です。(何度か水分は捨ててくださいね。)

前回、見て覚えたので、この塩もみは自分で行ないました。

そして、我がKさんが来るのをじっと待ちます(ってか、他の料理作っていたが。)



2.キムチのもとの作成

さて、6時間後。Kさん等、ご一行の到着です。本格的なキムチ作りの始まりです。

今回、キムチのもとに使う材料は以下の通りです。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
キムチのベースとなる材料(白菜二玉分):
唐辛子の粉 300g   …キムチに使う唐辛子の粉と一般の粉の違いは分からず…
塩を入れたお湯 適量  …唐辛子の粉と最初に合えます。ちょっと粉がねっとりする位
にんにく 一~二房   …みじん切り。味のベース
しょうが にんにくより多少少なめ …みじん切り。味のベース
たまねぎ 適量     …しょうがと同数程度or少し少なめ。味のベース
梨 適量      …同上。味のベース。特に甘み成分の主要な材料になります
大根 適量     …同上。味のベース。
にんじん 適量   …同上。色合いを良くする為に使うとか。
観想小エビ 少々 …これは発酵用に用いるそうです。ペースト状の物が主流らしい
砂糖 適量 …これは味に深みを出す為。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



これらを一気に混ぜ込んでいきます。

全部混ぜると、そのまま食べても辛い中に甘みが出て、美味しい味になります。

尚、Kさんの家では、大根と梨が多少多めのようです。甘み重視なのですかね。

香りを出したかったら、しょうがを多めにしてもいいなっと思いました。



P1080271.jpg
唐辛子の粉。心持ち、粒が粗い気がする。お近くの韓国料理屋で聞いてみてください。



P1080273.jpg
塩を混ぜたお湯で唐辛子の粉を混ぜます。そうすると、ネトっとしてきます。



P1080274.jpg
その他の材料は基本的にみじん切り。



P1080277.jpg
磨ってもいいそうです。これはKさんママ確認情報。時間の短縮になります。



P1080279.jpg
それらを全て混ぜ合わせ、良くもみこみます。これでキムチのもとは完成!



3.キムチに揉みこみ

いよいよ、塩もみで6時間経ってしんなりした白菜と、キムチのもとを合えていきます。

塩もみの野菜は水で流さなくていいそうです。もしも塩辛かったら、さっと水で流してください。

白菜の和え方は一枚一枚表裏にしっかりとぬりつけて、一枚一枚重ねていくことです。

カクテキはそのまま一気にもみこんで構いません。そしてオイキムチも同様でしょう。



P1080283.jpg
一枚一枚丁寧に裏表をもみこみます。Kさんは非常に丁寧な作業なので、安心してみていました。



P1080288.jpg
もみこんだら一枚一枚重ねていきます。



P1080282.jpg
大変でも、これは非常に重要な作業。共同作業で頑張ります。



4.完成!

はい、これでキムチの出来上がりです!!そのまま食べることが出来ます!!

もちろん、漬けて間もない白菜はシャキシャキです。

カクテキやオイキムチはもうそのまま食べても全く変わりません。

なんと!!キムチって意外に半日でOKなんですね!!



P1080290.jpg
キムチの完成です!!感動~~!!



P1080292.jpg
カクテキ(恐らくオイキムチも)合えればそのまま完成!!うまそーー!!



P1080296.jpg
んはーーー!!最高に幸せな一枚です。へへへ!うらやましいでしょ!!



P1080293.jpg
今回頑張ってくれた二人をパシャリ。二人とも、お疲れさん!!



Kさんの家庭では、夏は頻繁に、冬は冬が来る前に大量にキムチ作りをするそうです。

やはり、自然環境に基づいた、伝統的な事なんですね。

尚、Kさん曰く、朝鮮族でも若い子はキムチを作れない子が多いそうです(彼女も初めて)。

自分の伝統を守ってほしいと思うのは、単に外国人のエゴなんでしょうか。



バカ教師の勝手なエゴかもしれませんが、社会に出る前に、こういう事を勉強してほしい。

だから、今回のKさん達にも(自分が食べたいのはもちろん、)、彼女に機会を与えられればと。

ただの日本語教師に、こういう付加価値も、自分はアリなんじゃないかなって。

一番嬉しかったのは、「先生、とても達成感を感じます~」っていう、Kさんの言葉でした。



P1080300.jpg
お礼に自分も恩施で初めておでんを作って振舞いました。



P1080297.jpg
でも、やっぱり今日の主役はキムチ!!おいしそう!!!



P1080303.jpg
食卓に並ぶ、キムチ。なんか日本の食卓っぽいですね。



P1080302.jpg
みんなでパシャリ。Kさんが「達成感があります~」って言ったのが印象的で嬉しかった。



いやー、スバラシイキムチレシピでしたね!!

キムチ作りは楽しく、そして美味しい。スバラシイ作業です。

これでまた、暫くはキムチと共に暮らす、ステキな生活が待っています。うふふ…

お酒と一緒に頂くキムチ、最高!!ビバ!!キムチ!!!



P1080308.jpg
翌日のおつまみ。我ながら申し訳無い位に豪勢ですっ!!

渾身!念願!朝鮮族の学生とキムチ作り!!

P1080200top.jpg



こんにちは。今日はのっけから本題です。素晴らしいタイトルですね。コーフンしてます!

そう、念願だった『キムチ』を作ったのです。

しかも、本場、朝鮮族の猛者を二人迎えて、マサに本物のキムチ作りです!

このブログを読み終わった後、韓国料理が食べたくなる事間違いなし!渾身料理ブログです。



先ずは前提から。自分の大学は『民族学院』という少数民族が多く通う大学です。

というのも、中国の大学センター試験(中:高考/ガオカオ)で点数が優遇されるのです。

だから、土家族の他に色んな民族の学生がいます。苗族、朝鮮族、ウィグル族なんてのも。

みんな、恩施という辺鄙な土地に、外地から集まって来ているんです。



そこで今日は朝鮮族。彼らはご想像の通り、東北に多く住む民族です。

母語はほぼ韓国語と同じらしいです。逆に中国語は学校に入ってから学ぶ人も多いんだそうです。

彼らの生活習慣はそれこそ韓国とそっくり。中国の中に韓国があるって言ったら乱暴ですが。

ちなみに、朝鮮族では中等教育で日本語を学習する学生も少なくありません。授業にあるんです。



バカ教師(自分です)はそんな彼らに熱い視線を送っていました。ギラギラと。

そう、『本場のキムチを作りたい…』このヨコシマな熱視線を。

そこで、自分の学生で同じサッカーのチームメートでもある2人の朝鮮族をゲットしました。

彼ら(男2人)はお母様にまで確認して、キムチ作りに挑戦してくれました。



以下、6時間にも及ぶ超大作料理ブログ。

我が可愛い学生が奮闘してくれた、渾身のキムチブログ。

『完全ドキュメンタリー!本場キムチ作り!どーだ!』です。

キムチ作りをしてくれたY君、K君、ありがとう!!この場を借りて御礼します。



先ず言わずもがな、白菜です。

ちょっとこの時期、葉の部分が多くて学生は不満そうでしたが、どっさりと二玉購入。



P1080165.jpg
学生は相当不満げでしたが…確かにキムチは白い部分が美味しい。



これを塩もみします。いわゆる塩抜きをして、余分な水分を出すんです。

今回、バカ教師(自分です)はカメラマンに徹して、我が学生を見守ります。



P1080160.jpg
二人で力を合わせて塩もみです。ちなみにこの二人、初めてのキムチ作り。



塩もみが完了したら、6時間位そのまま置いておきます。

今回、我が学生には御礼とばかり、昼・夜をご馳走しました。お昼はおそば。



P1080168.jpg
蓋の深い意味は無い気がしますが、このまま6時間放置。



P1080169.jpg
ご馳走したざるそば。今回、二人のレディーというか同級生も一緒に参加しました。



さて、自分も会議があったので一旦解散。夕方に再び集います。

これからキムチを漬ける調味料を作成します。ここからが正念場です。



P1080171.jpg
慣れない手つきでキムチ作りに励んでくれる我がかわいい学生。



以下、調味料作りに使用した主要材料の写真を何枚か紹介します。

材料は唐辛子の粉、にんにく、しょうが、たまねぎ、大根、梨、と言ったところです。



P1080183.jpg
これが唐辛子の粉。濾し方が恩施のとは違うそうで、わざわざ実家から持ってきてくれました。



P1080261.jpg
実は韓国料理に欠かせない梨。知ってました?



これらを全て細かく砕き唐辛子を中心に、色んな味を混ぜると言うわけです。

これで調味料は完成。



P1080186.jpg
材料は全てみじん切り。とにかく細かくするのが大切だそうです。



P1080178.jpg
バカ教師(自分です)自慢のにんにく潰し器も動員です。



P1080187.jpg
全ての材料を良く捏ね上げて、良く混ぜ込みます。



P1080188.jpg
これにて調味料完成!!本場、朝鮮族のキムチの素。



さて、6時間置いた白菜に調味料にを揉みこみます。

何度も何度も揉みこみ、味を染みこませます。



P1080172.jpg
6時間置いてしんなりした白菜。



P1080190.jpg
それを調味料と合わせ、何度も何度も練りこみます。



P1080196.jpg
キムチとなっていく白菜ども。おぉ…キムチだ…



はい、これで完成です!!!

ご存知の通り、長く漬けておると酸味が出てきます。

漬けたばかりのシャキシャキが好きな人と、多少古くなった方が好きな人と分かれるそうです。

今回の二人もまさに真っ二つに分かれていました。



P1080198.jpg
おぉぉぉ!!!キムチです!!!感動です!!!



いやー、スバラシイ!!!どうですか!?渾身のキムチ作りでした!!!

家にキムチがある生活…うぅ…スバラシイ…見て下さい…この料理を…



P1080200.jpg
キムチたっぷり。これだけで酒が進みます。



P1080242.jpg
進むというか、既に堪能してるし。



P1080251.jpg
そして、キムチチャーハン。これが美味いんだ…



我が学生でチームメートのY君、K君、本当にありがとう!!

もうすぐ食べ終わるから、また作りに来てもらうから!!!(←最悪教師)

はい、渾身のキムチ作り、料理ブログでした!!めでたしめでたし!!!
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。