スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青年海外協力隊とは③-協力隊に“適正”があると思われる人-

P1010148top.jpg
協力隊になる前の訓練所の修了式。ここから多くの協力隊が巣立ちます。



こんにちは。この協力隊特集の記事、地震関連の余波により滞りました。

ブログの備忘録的に記しますが、東北太平洋沖大地震、11.03.11. 14:46でした。

時間を置いて検索等でヒットされるケースを想定して、上記を記します。

このブログは元サラリーマン、現協力隊員が内側から見た協力隊員像の説明です。


前回…と言っても遠い過去の話のようですね。随分経ってしまいました。

その①は協力隊とは?の概要を、その②ではメリット・デメリットをお話しました。

尚、このシリーズは『協力隊を目指す人の為のサラリーマン視線からの分析』です。

そこから書き直すこの時間差、その間に起こった時間の濃密さ。計り知れません。


前回の②を簡単に纏めると、メリットは経験と余りある時間による成長の期待でした。

2年間揉まれると成長するし、空いた時間で勉強とかも出来ちゃうよ!ってね。

デメリットは協力隊員という仕事の“不必要性”から来る苦しみでした。

究極的にボランティは居なくてもいいんだよね…えー虚しぃ…っていう事ですね。


シリーズ三回目。『協力隊員はどのような人が向いているか』です。

適正やパーソナリティ、バックグラウンド等の観点からご説明していきます。

尚、以下の文章、結構ネガティブな表現も多いです。

是非、反面教師的な発想を持って頂ければと。そういうつもりで書いています。



P1010165.jpg
協力隊は本当に多彩な人材がいるなぁって思います。フルートって!



先ず②でもお話した、協力隊の特徴。それは“海外でぽつんと2年間”。

これを苦痛に感じる人は多いはずです。逆に、これを気にしない人は既に適正アリ。

個人的な話で、自分はあまり寂しいと思いませんが、男友達が居ないのはサミシイ。

同僚も学生も女子が多く、反動で男子学生にすげぇ優しくなっちゃってます(苦笑)



P1010146.jpg
台頭に付き合えるオトコ友達が欲しい。職場の関係上難しいですが。



まぁ、今のはジャブとしてですね。ここからが分析の本題。

協力隊の基本適性面(でも最も大切)では『心身の健康と安定』、これに尽きます。

健康面ではJICA応募時にびっくりする位厳しい健康診断がありますので、ご安心を。

心というか精神面の安定ですね。この安定は非常に大事だと思います。


逆に、基本的な点で最も向かない(≒最も危険な)かなって人は『プッツン型』です。

情熱はあっても、期待にそぐわなかったりすると、「もういい。」ってなるタイプ。

協力隊の生活ってプッツンしたくなるのが基本です。ボランティアで途上国ですから。

尚、自分が協力隊訓練所で「危なそう…」と思った人は、結構、途中帰国しました。



P1000751.jpg
協力隊同期で遠足?的なイベント。いろんな人が居るなぁって。



次に協力隊への目的意識です。(国際協力/海外生活に興味アリは当然ですが。)

これはリーマン的な考えも入ってきますが、『適度に冷めている人』かと。

言い換えれば「協力隊が高校生からの夢でしたぁ…」は、ちょっと…と思います。

「他の手段も考えたけど、協力隊がポジティブな判断だった」位がベストかなぁ。


それはナゼか!?協力隊に期待を持ちすぎると、その反動も怖いからです。

これは採用側のJICAも思ってるんじゃないかな。一種のODAビジネスですから。

自分の周りに“協力隊が夢だったのに3回落とされた”って人がいました。

「いつかプツンとキレそうだな…」って人。JICAもそこら辺見たんじゃないかな。


逆に飄々としている人って、結構成功している気がします。

これは海外適応能力にも準じているそうなのですが、“柳に枝折れなし”ですね。

また「ま、大した仕事じゃないですよ」って客観的に見られる姿勢も大切です。

思い入れが強いことはいいことですが、その点は冷静に見るべきだと思います。



P1010082.jpg
人材とは宝なり、これは協力隊に言えることだと思います。この点は素晴らしい。



次に適性のあるパーソナリティです。ちょっと上記と重複しますが。

ノーマルで中庸的な人間が一番いいかなーっと思います。

上述の通り、プッツンする人は向かないと思います。うん、本当に。

次に、内省的(自分とはなにか?的を突き詰めすぎる人)もちょっとどうかと。


内省的なんですが、これは自分にもちょっと当てはまるので反省も込めて。

協力隊すると、周りに話し合える友が少ないので、結局内省的時間が多いんですね。

んで、存在意義など、内省的に考えすぎても、あまり意味ないんですよねぇ。

考えて考えて…結果、マイナス思考になってもしょうがないんです。



P5210017.jpg
色んな社会経験等、プラスに捉えるかマイナスに捉えるか。大切です。



次にどんなバックグラウンドがいいか、という点です。(職種ではありません)

これは先に結論付けると、『少しでも社会人経験がある人』です。

言いたくはないんですが、言い換えると『新卒はキツい』ですね。

これは何度考えても、「一つの真実だなぁ…」と、悲しくもしみじみと思います。


・日本人社会の中で協力隊という環境は特殊であると認識できるか

・新卒だと職場の人と交渉できない/使われてしまう

・帰国後の職が不安/“日本の”社会人としては歪んでしまう

これらが新卒のデメリットだなっと思っています。



環境の特殊性に関して、リーマン発想ですが、自分はよくこう思います。

「以前との違いはなにか、どこからどう学べるか、どうやって次につなげられるか」

これは職場などの比較対象があるから初めて出来る考えで、そしてとても大事です。

新卒時の自分では出来ない考えでした。これを無駄遣いするのは実に惜しい!


もちろん、新卒で既にこの発想を持てている人もいるかもしれませんね。

また、新卒でないと出来ない『新しい発想』。失敗を恐れずやって欲しいものです。

自分は社会人経験がちょっとでもあるが故に、やりきれていない部分も多いです。

新卒でこの記事を読んでいる方は、どうかこれらの点を頭の片隅に置いてください。



P1000884.jpg
手前の子は新卒でしたが、非常によく出来た青年でビビりました。



また、職場ですが、外国人の職場の人との交渉は、語学面など簡単ではありません。

途上国とは総じて人材の活用方法が下手です。そこにポッと外国人。

やはり、使われてしまうことが多いんですよね。

自分もなんだかんだ言って“イイ人”的な性格なので結局使われるんですが…


そしてネガティブな側面の最大の理由。それは今の社会では職が不安定。

不景気もあり、また『新卒で海外経験の協力隊』を受け入れる土壌が…残念です。

それから、“日本の社会人”的常識の欠落が発生してしまう可能性があります。

まぁ、これは意識すれば大丈夫だと思いますので、どうかご注意を。


長くなりましたので、最後に総括を。ポイントは以下の通りでした:

海外で一人でも耐えられる / 心身(特に心)の健康

客観/冷静的な(ある程度の幻滅を想定した)視野と判断 

社会人(またはそれに準じた)経験



これらを総合すると、個人的な考えとして、結構女性のほうが当てはまる気が…

現代では女性のほうが適応力・対応力・受容性が高いと思いますし。

ちなみに。協力隊は昔もですが、今は特に女性の方が増えていると聞きます。

まぁ、男性/女性に関係なく、上記の内容をご理解して、運用して下されば幸いです。



P1000954.jpg
経験者としていい経験を積んでプラスに持っていって欲しいなって。



いやぁ、長らく語ってしまいました。主観的・リーマン的な見解、ご容赦下さい。

この協力隊のススメ、次回を最終号にしたいと思います。

次回(恐らく翌金曜日)は『協力隊とは何か?その意義と展望』です。

ふぅ。あほばかブログばっかり書いてるから、たまにこう言うの書くと疲れるますね。
スポンサーサイト

青年海外協力隊とは②-“特殊な”環境とお仕事、そのメリット・デメリット―

20090622-081510-0.jpg
検索条件にヒットしやすいように、前回及び今回のタイトルをマイナーチェンジ。
この写真は中国に派遣されている協力隊同期一同。誰も欠けてません!



こんにちは。前後に麺類特集を組んでいる中で、マジメなブログもなんですが…

今日は『サラリーマン経験者で協力隊の青年海外協力隊考察』の日です。

全然参考にならないし、主観的すぎるところもありますが、一つの記録として。

引き続き協力隊を知って、興味を持って頂けたら幸いです。でも長いですので…

お忙しい方は、読まないほうがいいのでは…と思います。


さて、前回は協力隊の大まかな全体像をお話ししました。(前回のブログはコチラ)

要は『各分野の、セミプロによる、海外での2年間の有償ボランティア。』でした。

今日はその特殊性と、それに伴うメリット・デメリットのお話しです。

協力隊の特殊性。もちろんその最たるは“長期海外ボランティア”という事です。


前提条件として。海外という環境、途上国という環境。これも当然ながら特殊です。

でも、これが辛くて嫌な人はそもそも青年海外協力隊に興味を全く持ちませんので。

ということで“基本的条件”はこのお話では考慮に入れません。

少しでもご興味のある人はこの点はクリアされているのだと、私は理解しております。

(ただ、アフリカの僻地等で活躍する協力隊員には敬意を表します。
文字通り蚊一匹すらも健康の脅威となっています。病気とは恐ろしいものです。)


私が個人的に考える“協力隊=長期海外ボランティア”が特殊だと思うこと。

それはこの言葉で集約することが出来ると思います。

『海外で、一人で、ボランティアというポジションを2年間』

この特殊性。良い面と悪い面がありますので、先ずは良い面から話しましょう。



P10709197.jpg
協力隊はいろんな経験が出来る。これは植林活動に参加した時。純粋に楽しかった。



良い面はざっとこんなトコロ(その①のメリットとも重なりますが改めて):

1.2年間海外で揉まれて、人間的な成長が十分見込める

2.ボランティアという職業柄、結構自分の時間が持てる。

3.途上国・ボランティア等特殊な環境で育つスキルもある。


ではそれぞれ、簡単に解説していきましょう。


先ずは『2年間海外で揉まれて成長する』って事なんですが、

2年間、ボランティアとして海外の片田舎に閉じ込められるのですから。

これ、日々の実感はもちろん無いですが、少なくない変化を与えると思います。

海外と日本の比較的・複眼的視野を養いますし、外国語も勉強できるでしょう。


2.は、 “ボランティア”で“途上国”なので、日本ほど忙しくない事が多いです。

従って、結構自分の時間が持て、語学の勉強、知識獲得、自己研鑽が出来ます。

これら、日本だと身を削っての作業になることが多いですが、協力隊生活では余裕。

特にヒマな人はドラゴンボールの『精神と時の間』ばりじゃないですかね。


3.ですが、職種によってはスキルアップや展開の広がりを期待できるでしょう。

将来、国際関係(この言葉、非常に曖昧だが…)の仕事に就きたい人とか。

または起業家的な下地を養うにも向いていると思います。時間もありますし。

芸術方面もインスピレーションにいいんじゃないかな。協力隊出身の作家も居ますし。


個人的な話をすれば、自分は今はサラリーマン時代よりもちろん時間があります。

そのお陰で料理、運動、語学の勉強、禁煙等多くのメリットを享受出来ています。

後、中国の悪い意味での適当さ?に揉まれ、我ながら以前より寛容になりました。

後は企画力も以前より付いたのではないかと思います。実行するエネルギーというか。



20090623-102304-0.jpg
旅行にもかなり行けます。時間ありますから。これは北京の有名な頤和園。



うーん。なんかイイコトいっぱい書きましたね。が、もちろん悪い面も多くあります。

というか、サラリーマン的思考としては、ここからが本題。

『海外で、一人で、ボランティアというポジションを2年間』

実はこれ、正直に言うと、“大変なこと”の方が多いですね。

往々にして、長期ボランティアの仕事はスムーズにいきません。


理由としてはこう言う事です。

①文化の違いを日々目の当たりにする/丸投げや放置等の過度な扱いを受ける。

②ポジションに責任が無く、どこまでやればいいかわからない。

③ぽつんと外国人。悩む相手が居なかったり、協力隊以外の人に相談しづらい。


これらが挙げられます。では、①-③を合わせるとどうなるか。主に3パターンです。


1:色々押し付けられて多忙 or 放置されて超ヒマ

2:よく分からないうちに仕事を頑張り、そして気がつくと虚しくなる

3:ストレスがだんだんと積もっていき、そして気がつくと溜まってる


どれにしても結構辛いですよ、正直。精神的に結構ヤラレルと思います。


そして、これはサラリーマン的な考えですが。

仕事とは、少しでもフィードバック(=報酬)があるからこそ、やりがいが生じます。

(ここでのフィードバックとは、金銭・社会的成功、自己発生でない物を指します)

しかしながら協力隊の仕事のフィードバック(=報酬)とは…

協力隊への“使命感・自己達成感・自己満足・名誉(≒自己発生)”に特化されます。


また、これもサラリーマン的で恐縮なんですが。

協力隊という仕事をする限り、基本的にほぼ責任が発生しないんです。

つまりは“究極的に居ても居なくても変わらない”という意味です。

ちょっと乱暴な言い方ですかね。でも、この事で悩む人は協力隊に多く居ます。



P10810887.jpg
学生が居なかったら病んでただろうなぁ。日本語教師はそういう人多いと思います。



「自分はなんでここにいるんだろう?ここに居る価値があるのか?」

これは、協力隊で働くと、多かれ少なかれ感じることです。存在意義ですね。

協力隊はこの点で悩み、苦しみ、そして自分なりの解決方法を学んでいきます。

これ、日本じゃただの窓際族でっせ(苦笑)。情熱溢れる青年の窓際族生活。



我が友人のブログに、興味深い『欲求段階説』というものがありました。
--------------------------------------
人間の基本欲求は5段階に分かれる。
1. 生理的欲求
生命維持のための食事・睡眠・排泄等の本能的・根源的な欲求
2. 安全の欲求
衣食住を満たす欲求(この欲求の為に一生涯を費やす人が、世界にはたくさんいる。)
3. 所属と愛の欲求
情緒的な人間関係・他者に受け入れられている、どこかに所属しているという感覚
満たされない場合、孤独感や社会的不安を感じ、鬱状態になりやすくなる。
4. 承認の欲求
自分が所属する集団から価値のある人間だと認められ、尊敬される欲求
5. 自己実現の欲求
自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、具現化したいと思う欲求。
(以上、マズローの欲求段階説:http://bit.ly/8YQaYo )
--------------------------------------



これまで述べた協力隊のマイナス面とこの5段階の欲求を鑑みてみましょう。

それは、3-5の決定的な欠落なんですね。

→海外でぽつん、居ても居なくても同じ、活動は報酬で還元されない 等

ま、ここまで深く考える人も少ないと思いますが、外れてない考えだと思います。



P10505741.jpg
はぁ…我が学生…。見ているだけで元気が出ます。彼等彼女等に応えたい!



この具体例を挙げましょう。私が尊敬する中国に派遣されている協力隊看護師です。

彼女らは日本で結構の経験を積んでます(協力隊の看護師への要求は高いらしい)。

それが中国に来たら「え?研修に来たんでしょ?」と言われる始末。

中国の看護師は日本の看護師のようにオールマイティーな仕事が出来ないのに、です。


中国の病院の多くは、患者の付き添いはしません。付き添いは家族の仕事。

看護師の仕事は良く“点滴を打つ人”と揶揄されます(中国はやたらと点滴打つ)。

そして、お金が払えないと医療拒否、国による病院の点検時だけカッコ付ける。

そんな環境で、日本の看護師のプロ達は孤軍奮闘するのです。


よく耐えてるな…っと。私は彼女らを本当にすごいなっと思っております。

これ、ホンの一例。協力隊の中で、矛盾や存在意義を感じている人は多く居ます。

それに比べれば日本語教師なんてその点、仕事へのやり甲斐が(多少)ありますね。

悪いことばかりじゃないですけどね。これも一つの真実ってことです。


ハイ、ここまで、協力隊の概要と、それとその特殊性をお話ししてきました。

それでは、次回③は“協力隊の適性がある人”についてお話ししたいと思います。

海外での2年間、個人的にどんな人がうまくいき、どんな人が多く悩んでいるか。

私がこれまで見てきた人たちの人物像を比べながら、お伝えしたいと思います。

来週金曜日に続く!…っと思います。。。


P,S,(ここからはやんぶろ)

なんか偉そうに語ってしまいました。アホバカやんぶろが恋しいです。

今日は日本に帰ったら、先ず何をするか、勝手に公表!(←文句受け付けず!)

・寿司食べます!寿司!!寿司!!!

・近所のこってりラーメン屋に行って、その後友人のバーに一人で行きたい!!

・うちのババ殿(今年94歳)に会いたい!10分でイラつくだろうけど会いたい!

・数日間は誰にも連絡せず、ゆっくり気持ちの切替がしたい!(研修はあるけど)

青年海外協力隊とは①-協力隊ってナンダ!?―

IMG_1913TOP.jpg
21年度1次隊の同期一同。現在、文字通り、皆世界に散っています。



こんにちは。今日のブログは正確な意味でやんぶろではありません。

今日は目下、サラリーマンから一(いち)青年海外協力隊員になっている人の話です。

私が見た協力隊像、将来の青年海外協力隊の後輩や志を持っている人への参考用です。

当ブログを読んで、協力隊を知って、その上で、興味を持って頂けたらと願います。


先ず前提です。これからお話しする事は、私個人が感じて思っていることです。

JICA(国際協力機構)やJOCA(青年海外協力隊を指す)との見解とは少し異なるかも。

あくまで、『サラリーマン経験者が、協力隊を経験しての考察』な訳です。

公式見解と程遠い意見になっていても…怒らないで下さい。ただ、参考にして下さい。


はい、それでは。

そもそもの話です。

青年海外協力隊とは何でしょうか?

清く正しい答えが知りたい人は『青年海外協力隊』でググって下さい。


私が、私個人が考えるに。

青年海外協力隊(以下、全て協力隊)とは、

『各分野のセミプロの海外での2年間有償ボランティア』

です。


かいつまむと、協力隊は海外でボランティアする非プロ集団なんですね。

アマチュアでもありません。でもプロである必要はありません。

これは「協力隊って技術無いと駄目なんですよね…」って人へのポイントです。

大丈夫、我々は全然プロじゃない。というか、プロである必要は無い。

職種によっては参加資格が厳しかったりしますが、今は以前程ではありません。

とりあえず、躊躇わない勇気と度胸(と最低参加資格)があれば、イイ線行くかと。



DSC_0534.jpg
私は今、日本語教師ですが、その前は営業マンでした。



どうしてプロじゃなくていいのか?答えはODA(政府開発援助)の使い方にあります。

もちろん、海外で頑張る人材、ベストは全てプロ。だって仕事できますし。

でも、それだと単価が高いんです。

だから、ボランティアという形を取り、セミプロを派遣して、お金を抑えます。

これ、悪い話ではないと思いますよ。双方共にメリットのある考え方です。

お国はお金を抑え、国民の参加しやすくなる。相思相愛?です。


また、私達は有償ボランティアです。

簡単に言うと、月に10万円、日本に貯金されてます。(2011年3月現在の事情です)

もし、「え!?ボランティアってタダじゃないの!?」って思った方。

wikiで『ボランティア』でも検索して、ちょっと勉強してくださいませ。

協力隊は政府が主導しているボランティアです。一定以上の保護がついています。

そういう意味で、協力隊は2年間で240万の貯金が出来る仕事です(単純計算)

これを悪いと思うか良いと思うか。これは皆様のご判断に委ねます。


こう書くと、協力隊って素晴らしいですね。

プロに非ず、帰ったら240万円(←実際は税金がかかって満額ではない)

そうなんです。その点で言うと、協力隊は素晴らしいチョイスなんです!!

更に協力隊のいいところを挙げていきましょう!


っていうか、良い点は数え切れないほどあるんです。

以下はその例です。

①2年間海外で暮らせて、複眼的視野を持てる、外国語が勉強できる

②色々な職種の人に会える⇒本当に色々な人に会える

③様々な人脈ができる



理由は省略しますが、これって日本社会ではなかなか得る事は出来ません。

例えば、私は協力隊の知り合いに看護師や理学療法士に体育教師、プログラマー。

果ては野球のセミプロや環境、保育園の先生まで何でもござれです。

これって本当に幸せです。自分の世界観が広がり、知識が増えていきます。

うーん。協力隊って素晴らしい!!!



P1010147.jpg
協力隊での友は本当に幅広い。この経験は財産と言えるでしょう。



しかし。しかしながら、です。

これだけで終わればいいんですが。

これは外から見ただけで、近くに、というか実際はそんなに甘くない。


悪い点を簡単に列挙しましょう。

①退職して参加した場合or新卒の場合、帰国後の職探しが必要(今のご時世、大変)

②青年海外協力隊という特殊な環境に慣れ、日本生活がスムーズに移行できない

③(新卒)社会人最初の2年間で学ぶべき“日本の”社会人の常識を学べない



理由はまぁ想像できるかと思いますが。

それだけ協力隊の環境って特殊なんですよね。


特殊といえば、中国で協力隊をしていて、こういう人に会いました。

「協力隊終わって日本で職探ししても全然見つからない。最悪だよ…」

私から見れば、その人に問題があったのですが、本人、気づかないんですね。



DSC_0522.jpg
海外という特殊な環境に一人身を置き、やはり感覚は日本と違ってくる。



協力隊っていう特殊な環境にいると、“自分はすごい環境に居た”って思いがちです。

でも、私から見れば、“すごい特殊な環境に居ただけ”です。

その人が、最早日本でフィットしてなくて、“使えなそう”な人材なだけなんです。

その人は新卒だったかな?そういう怖さを内包しているんですね、協力隊は。



それでは、協力隊の“特殊な環境”とはどんなものか!?

それは、次回、②につなげましょう。長すぎると読む気しませんし。

次回、“特殊な環境”や協力隊のお仕事についてお話しします。

来週の金曜日に続く!!…はず!!!



DSC_0557.jpg
しかし、本当に得難い経験を得ることができる。それは代えがたい魅力。



P,S,(ここからはやんぶろ)

これだけ総括に入っているのですから、素のやんぴんを出したくもあります。

日本に帰ったあと、何がしたいかを勝手に公表!(←文句受け付けず!)

・レーシック受けて、おしゃれ伊達メガネかけて社会人したい!!
→コンタクトめんどい…それに自分は特徴一切ない顔だから、
 メガネとかかけてちょうど良くなると思うんだよなー…

・日本で一人暮らしして“家が大好きマン”になりたい!!
→もう、ひとり暮らし慣れですね。日本で週末に料理したり、家飲みしたい…
 でも、実家のおばば殿が天国行くまで見届けたいのはあるなー。。

他にもいっぱいあるけど、書ききれんわ!!!
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。