スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老師として、始動!

#35843;整大小 旋#36716; P1020227



新学期のシーズンがひたひたと近づいてきました。


9月の新学期というと、晩夏の気配がひたひたと近づいてきて、
「あぁ…夏も終わりだなぁ。今年の夏は二度と来ないな。ふっ(遠くを見る)」なんて言うもんですが。


恩施は相変わらず、暑いです。30度下回る事がないのです。アヂアヂ。


とにかく、新学期なのです!!ドンドン!!(コーフンして机を叩く)


先ずは、自分の担当する授業が決まりました。

ズバリ(死語)、
・1年生『会話』 1週間4コマ
・2年生『会話』 1週間4コマ
・3年生『会話』 1週間4コマ

って、全部会話やないか笑


現地先生間の会議で決まったそうです。報告なしでしたが。
「君なら楽しい授業になるよ」との事で。相談なしでしたが。


私の所属する日本語科は現地の中国人の先生6人、日本人3人、という構成です。大所帯ですね。
中国人の先生はベテラン2人、若手4人。
日本人の先生はとある機構から派遣された、教職員退職者2人、セーネンの若手1人(自分)。


日本人が合計3人いる中で、やっぱ会話は若手という事で、担当になりました。


ええ。言っていた事が現実となりました。

「恩施の学生が話す日本語は、やんぴん産」だと。

はい、心して、ひどい事にならないように、授業します。


楽しい、日本人の先生だから出来る、そんな授業になるよう、心がけます。



目下、授業準備に取り掛かりました。


ちなみに、1年生は10月から授業が始まります。中国の大学の様子をちょっとご紹介。
*************************************
中国の大学は完全全寮制。学校内に学生寮が完備されています。
日本のように、ひとり暮らしで、あの子とむふふ…なんてのは出来ません。

全寮制だから、学校に生活そのものがはいっています。
朝昼晩の食堂(うちの学校は6つの食堂)、スーパー、コンビニ、携帯屋さん、コピー屋さん、
お風呂屋、運動場、体育館、学生寮、先生宿舎、赤ちょうちん(うそ)、SL広場(うそ)ナドナド・・・

日本の大学ではちょっと想像できない、オールインワン型なのです。

だから、大学1年生は入学すると、イロイロと、入寮手続等があります。

入寮すると今度は軍事練習、いわゆる兵役でしょうか、が義務付けられています。
韓国(2年)や台湾(1年)ほどではありませんが。

軍事練習は9日間。
昔は銃を撃ったりというのがあったのですが、今は精神的・愛国的側面が強いようです。

それが済んで、晴れて大学の授業が始まるのです。
*************************************




最近は日本語科の職員室で、若手先生と授業の準備及び教育について語り合っています。


今日、こんな話が出ました。「大学時代『が・ぎ・ぐ・げ・ご』の発音が難しかった」っと。


これ、わかります?


「学校」と、「小学校」の『が』は発音が違うのです。


ちょっと試してみて下さい。


前者が「がっこう」という鼻音、後者がクリアに発音する破裂音。
どっちもクリアに発音してる!という人もいるでしょう。
これが当てはまった人は関東出身ではないでしょうか?

これは関東・東海方言に属するようです。江戸っ子は前者、関西出身は後者と言われています。


今は以前ほど方言がはっきりしなくなったらしいので、どっちの発音でもOKです。
というか、日本人自体、意識していないですね。
でも「がっこう」と発音する際、やたらに「が」に力を入れると、ちょっと不自然な気もします。
声調も変わってしまいますし。いわゆる外国人発音ですね。

自分はティーチャ―トーク(教師として、教壇で発言するとき等)はクリアに発音しますが、
ナチュラルスピードで発音すると、やや、「が」になる気がします。


また、なるべく先生方とは、日本人のナチュラルスピード、表現で話しているので、たまに質問が来ます。
「知らん」って何ですか?っとか。
「知りません」の男性口語ですっとか笑。


そんなこったで、結構、充実してます。





最後に。

最近学生が良く家に来て、料理をふるまったり、料理してくれたりします。

昨日は東北出身で蒙族という少数民族の学生がご飯を振舞ってくれました。
この子、若干21歳ながら、おそろしくテキパキと家事をするので、感動してしまいました。
#35843;整大小 P1020210
#35843;整大小 P1020214
テキパキの図

他の学生なんて、こんな感じ。
#35843;整大小 P1020212
向かいのPCにかじりついて、大相撲の写真に見入っています。


家庭の事情もあるのでしょうが、地方・民族によって、家庭教育が違うなぁっと感じました。
東北は女性がマメマメしく動くと聞いていましたが、本当にその一部分を見た気がします。
#35843;整大小 旋#36716; P1020215
彼女の料理。自分も目下ハマりまくってる煮物を作りました。



なんか今日は真面目ですね。こんな日もあるのだ!!
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。