スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の大学の催し物。

#35843;整大小 P1030530





催し物のシーズン、晩秋がやってきたようです。




ん?っと思おうが思うまいが、そうなのだ!!文句あるか!!どん!!(机をたたく)




ここのところ、立て続けに学校の催し物がありました。

体育祭や我が外国語学院主催の先生と生徒デュエットコンサート等。




ん?「先生と生徒のデュエットコンサート!?」って?

そうなのです。そういうのがあるのです。

そう。今日は中国の大学における、日本の大学との「学校=学生」の催し物や距離感について。




先ず、この前、体育祭がありました。

学生対校、先生対抗、それぞれ白熱し、かなり盛り上がっていました。

前回のブログで紹介した、自分が400m×リレーで疾走した、あの催し物です。





#35843;整大小 P1030311





そういえば、多くの学生にこんな事を聞かれます。

「日本の大学で、先生は体育祭でどんな種目に参加しましたか?」

「え!?日本では、催し物なんて一切ないよ!!学生が自主的に運営する文化祭がある位よ!!」




相手はかなり驚いていました。

「え?それじゃ、大学生活がつまらないですね…」

・・・どうも根本的に大学へのイメージが異なっているようです。




突然ですが、日本の大学であなたは何をイメージしますか?




色々思いつくと思いますが、「学校全体での活動」と答える人はいないんじゃないかな。

サークル活動とかは別にしてね。あれはあくまで、個々の団体単位。




中国では、学校や各学部、それに学生も一緒になって、色々な催し物が開かれます。

体育祭、学部対抗運動大会、歌謡コンクール、違う学年同士の交流会等等…

これは、日本と違い、基本的に学生が『学校内に住んでいる』事が可能にしているわけでもあります。

日本ではかなりの学生が遠くから通学しているんだから、そんなこと出来ないよ!っとなりますよね。




しかし、それにしても、日本の大学は学校活動や各学年、個々の学生に気を遣うでしょうか。

中国は、かなり気を遣います。

生徒の生活態度、活動への積極性、授業態度、成績、、等々。




ここで簡単に日本と中国の違いを表してみます。




中国と日本の大学機構の違い 絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆
□学校の学生に対する管理
中国→とても強い / 日本→弱い(ほぼ、無い)
□先生と学生との距離
中国→近い / 日本→遠い
□一体感
中国→強い / 日本→弱い(というか、無い)
□学生の自主性
中国→弱い / 日本→とても強い

注:もう一度言いますが、中国の学生はほとんど学内で寮生活という事が大きく関係してきます。
絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆絆




今、自分、「大学の先生ですから!」っと、今の肩書です。

ですが、実感として、高校の先生のそれにちょっと近いような気がします。




日本の大学はゼミにでも入らないと、先生との距離は遠いよなぁ。

どちらがいいというのではありませんが。




自分自身の考えから言わせてもらうと、大学は「人間形成の場」であると考えています。

従って、自分の好きな事をするべきで、押し付けられるのはマッピラです。

大学とは関係のない、アルバイト先の経験が生きている…なんて事も多々ありますしね。




一体感を生むという点では、中国の大学は、日本の大学から見れば、とてもユニークですね。

そういえば、ユニークついでにご紹介。





①1年生主催の「両親への感謝を述べる会」
#35843;整大小 P1030458すごいね・・・





1年生が「心から両親への感謝を述べてみよう」という自主的な活動を行っていました。

これは、彼ら自身で決めて、活動したとの事。




誘われたバカ先生(おう!自分だ!)も、「先生も何か一言!もしくは一曲!」と言われたので、

日本の民謡「故郷」を歌っておきました。





②外国語学部主催の先生と学生によるデュエットコンサート(対決)
#35843;整大小 P1030478これは更にすごい・・・





かなり本格的でした。。いや、あなたが想像している以上に。





司会者
#35843;整大小 P1030533本気だ…





観客
#35843;整大小 重新曝光 P1030472本気だ…(ちなみに、前にいる子達はみんな自分の可愛い生徒たち。)





まぁ、学校と学生の距離が近くなるのであれば、悪くないイベントだと思います。

ここで、「中国人は本番に強い」と言われている事を思い出しました。

中国の方は、式典や催し物をとても立派に行い、尚且つみんな即興で流暢に話したりする事を指します。




確かに、下の学生の写真を見て、うなずきました。
#35843;整大小 P1030531日本人ではちょっとマネできない、本気っぷり!!





うーん、中国には慣れていますよー、なーんて言って、まだまだ勉強する事がたくさんある!!

以上、今日のブログでした。チャンチャン。





P.S.
ピスタチオには必ず殻が付いているように、物語にも必ずオチが付いている。

このデュエットコンサート、当日の会場でお偉いさんから「お前、日本の歌を歌え」とのご指令が!!

歌いましたよ!!

『ドラえもん』を!!!場内、完全に失笑!!ヽ(´▽`)/
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。