スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[最終回]やんぶろのご愛読、ありがとうございました。

P1020467.jpg



こんにちは。帰国間際の、そして最後のやんぶろです。

そう、2年間ご愛読いただきました“やんぶろ”、本日で最終号となりました。

最後に色々とまとめを書きたいなって思ってたんですが、時間が無くて。

帰国後は更新しないと決めているので、必然的に最後のブログとなりました。



P1020531_20110619183527.jpg
最後の写真は最後のまとめです。学生との料理。本当に沢山したなぁ。



P1040891_20110619183713.jpg
学生との料理は大切な活動であり、文化紹介であり、何より一番の楽しみでした。



P1050574_20110619183712.jpg
そして授業。学生の真剣なまなざし。自分が勉強になりました。



P1050581_20110619183817.jpg
失敗してもご愛嬌。かわいい自分の学生達です。



P1080730_20110619183925.jpg
ビジネス日本語とか。これは「ウィスキー」と発音して笑顔を作る練習。



P1050068.jpg
日本祭りとか。日本の浴衣って、学生にとっては興味津々なのです。



P1050755_20110619183816.jpg
スピコンとかも。学生の晴れやかな笑顔が印象的です。



P1030187.jpg
時に野球を教えたり。



P1030803.jpg
時に2年生の掃除に邪魔しに行ったり。



さて、2009年7月に始めたブログ、2年間で222回更新し、結構色んな人に見て頂きました。

自分としては協力隊の報告と、文章や文章整理、また論理的思考のトレーニングの場でした。

『40文字×4段組』という限られたスペースをを基本体型として書くやんぶろはいい訓練。

とはいえ、日を追う毎にこのブログは自分の中で色合いを変えていった気がします。



変化は料理の紹介、“やんぴん”キャラクター固定化、学生の笑顔の紹介、色々とあります。

特に学生との笑顔の日々は、日本の冷笑主義をちょっと変えたいって位の勢いで書いてました。

ただ、このブログはそれら“書き手→読み手”のベクトルだけにとどまりませんでした。

“書き手←読み手の存在”、自分と繋がってもらえるという安心感がとても大きかったです。



愚痴を言いたかったり、素敵な風景を見せたり、学生の可愛い笑顔を見せたかったり。

まるでSNSのようにやんぶろを通じて皆さんに伝えて共有できる喜びがありました。

それがなかったらこのやんぶろは続いていなかったと思います。

従って、今、このブログを見ている皆様一人一人に、大変感謝をしているのです。



DSCN0029.jpg
恩施を離れる最後の数日間。これはラストサッカー。チームのみんな、サラバ!



P1120202.jpg
ラストのドタバタで更に誕生日だったのです。んで、3年と男のみ(飲み)誕生日パーティー。



P1120192.jpg
このアホガキどもが可愛くて仕方ないのでした。



話は変わってこの2年間。

今、北京にあがり、色々な雑務をこなす中で、色々な心的変化があります。

先ずは気持ちのスイッチは既に帰国後の生活に変わっています。次も頑張らなくちゃなって。

学校や協力隊員としての日々はあまり浮かびません。ま、「十分やって終わったぞ。」位。



しかし、学生との日々は結構無理やりに、気持ちに蓋をしています。

思い出すと、ちょっと涙が出てしまいそうなのです。

というか、今、こうやって書いていて、写真を整理してて、ちょっと泣いてるし…

これが自分の2年間を象徴しているのかなって思っています。



協力隊員や先生として、自分の中では80点付けていいかなって思っています。

大過なく、すべての点で平均点はたたき出して、費用対効果にまぁまぁ見合っただろうと。

ただ、学生との日々にそんな客観的な点数は付けられないのです。

それくらい、自分は彼らが愛おしくて、可愛くて。本当に弟・妹みたいなんです。



離れれば離れるほど、彼らの笑顔が浮かんできます。

そして、「もうあの笑顔を同じ時間・同じ視線で共有できないんだな」って気づきます。

振り返っているヒマはないし、ってか、もうそんなトシじゃないし。

でも、自分の2年間を一言で表すと、「彼らと一緒に居た2年間」なんだなって。



P1080947_20110619183925.jpg
一緒にご飯を食べ



P1120141.jpg
共に学び



P1100494_20110619183925.jpg
共に笑いました。



P1120105.jpg
そんな彼らともお別れなのです。



自分が非常に個人的に、彼らに将来望むこと。

彼らが大学を卒業して、社会に揉まれて、避けがたい高度資本主義の冷笑主義に呑まれ。

そんな日々の生活で、ふっと、自分と一緒に過ごした日々を思い出してほしいなって。

「あの時の日々、あの時の日本人、結構面白かったよな。」それが一番の願いです。



P1120128FINAL.jpg



P1120122adjust2FINAL2.jpg



それでは、やんぶろ、そろそろお別れの時間です。

皆様と“やんぴん”とのお別れは、どことなく一抹の寂しさが残ります。

2年間、ご愛読、誠にありがとうございました。本当に、心より、感謝しております。

そして、これからは素のやんぴんです。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。



_IGP3590_20110608233628.jpg



(了)
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。