スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバイト会話クラス、開店しました

P1060113.jpg



こんにちは。恩施は今週ずっと雨のようで、今も結構強い雨が降っています。

恩施の気候は東京より夏は少し気温が高く、冬も少し気温が低い、+少し湿度を加えた感じ。

つまり結構東京と変わらない気候なんです。標高800mもあるんですけどね。不思議です。

恩施のお隣利川市は気温が非常に低く、省都の武漢はくそ暑い中では奇跡的にいい気候です。



さて、前回の凹みから、むんぐっ!っと立ち上がったやんぶろです。

暖かいメッセージやアドバイスを下さった皆様、それと心の中で応援してくれた(居ないか)皆様、

どうもありがとうございました!!やさしさに触れて、温かい気持ちに慣れました~(涙)



さてさて、4月末から『アルバイト探し実践会話クラス』を補講クラスで始めました。

対象はこの夏に日本に行く学生、それと日本に行く可能性が高い学生。学年関係なし。

この夏、少なくとも2年生5人、4年生1人が日本へと巣立つ為、先生からのプレゼントです。



何故、アルバイトか??それは、アルバイトで得られる物はお金だけじゃないからです。

極端な話をすると、留学をして、その土地の友人ができるかというと、非常に難しいのです。

その土地の人と留学生との間には圧倒的な“生活の違い”があるからです。



例えば留学した人は留学生寮に住みます。そこは完全に日本とは違う世界。

あなたは友人が欲しくて町へと出かけます。さて、渋谷に一人で行って、友人が作れるか?

先ず、無理でしょうね。国体レベルのハンサム・ベッピンとかで無い限り。



一般的に人が友情を育む条件として『同じ環境である・同じ趣味等を共有する・恋愛感情』。

留学生と現地の人の間には圧倒的にこれらが不足してしまうのです。というか共有しきれない。

まぁ、大学の場合は共有するものがあるのでいいですが、語学学校の場合は非常にきついですね。



そこで、“日本人と同じ環境を作る”為に、アルバイトとは非常に有効なのです。

特に、アルバイトで同じ釜の飯を食う的な環境であれば、人は容易に国境を越えられるものです。

だから、アルバイト。もち、日本語の勉強にもなりますしね。



前置きが長くなりましたが。この『アルバイト探し実践会話クラス』、少数精鋭です。

はっきり言って、自分がめちゃめちゃ楽しい。少数にガンガン教えられて、楽しいのです。

それに学生も「もうすぐ日本だ」という心理が働き、非常に勉強の効率が上がっています。



第一回は簡単な概要とアルバイト先を見つける方法。

WEBやアルバイト広告の解説や、用語の解説です。だって、「シフト制」なんて辞書に無いし。



アルバイト探し
WEB画面を借用。



「先生!駅チカ・駅ナカってなんですか?」。。。そりゃー、そうだろうな…

「先生!『炭火焼だいにんぐ』なんのお店ですか!?」。。。そりゃー、そうだろうな…



第二回・三回はファミレス・コンビニでの実践講座。

中国の留学生が日本でアルバイトに就くとなると、飲食か接客がまぁいいところでしょう。

ファミレスの礼儀を覚えれば中華料理屋で働けるし、コンビニを覚えればスーパーは問題ない。



接客
ファミレスの流れ接待を学習


スーパー
コンビニが出来たら、スーパーは恐くない!



特にファミレスは面白かった!なぜなら中国の学生は外来語にめっちゃ弱いからです!

「ご注文はお決まりですか?」⇒「あ、これ。」(実際に先生がお客さんをしている)

「く・くりーみー…はんばぐ、、ど・どりあ…でございますね」って!かわいい!



そうなのだ。彼らは日本に行くと、外来語とカタカナ語の氾濫に襲われることになるのだ!!!

『オムマヨハンバーグ&エビフライ』なんて、どれだけの情報量を持ったカタカナ語なのか!!

同情は禁じえませんが、我が授業ではあくまで現実的で実践的なので、仕方ない。



さらに先生として気をつけて欲しいのが、「いらっしゃいませ」をクリアに発音すること。

日本において中国の留学生が「アッサイマセーーー!!」(発音悪すぎ)っと、良く聞きません?

最低、私の学生には「きれいな発音だ」っと思われて欲しい。これは単なる親心。




第四回はアルバイト先に電話をかける、実戦形式。ここで、先生は鬼と化した。

外国人は相手が見えない外国語での電話を非常に恐れます。特に“自分から頼む場合”において。

また、相手の「はっ!?(分からない)」やテンションの異様に低い事を恐れます。



アルバイト



だから、なるべく実践に即す為、声色を変え、テンションを変え、一人一人テストしてみました。

「はい、お電話替わりました。アルバイトですか?(超テンション低い)」

「あ・あ・はい、りゅ・留学生、はい、あ・アルバイトを…(焦ってる)」⇒はい、駄目―!!



アルバイト2



中国の学生は出来なかったり叱られたりすると異様に凹む。その授業で使い物にならない位に。

ちょっと「はい、今のは問題がありますね」っと言うだけで異様に凹んでしまいます。

「おい!静かに!」なんて一言発するだけで、その授業中はシューンっとなってしまいます。



だから、『出来ないからそこの授業だよ』『今、出来ないのは当たり前』ケアは欠かせません。

君たちは日本で嫌な目にも遭う。日本人が嫌になるかもしれない。だからタフになろう。

精神論は解きたくないけれど、彼らの日本での成長と成功を願えばこそ。



っと、長ったらしく書いてしまいました。来週は実際に面接をする授業です。

いやいや、どんな珍回答が飛び出すか。ぷふふ…結局一番楽しんでいるのは自分なんですが!

頑張れ学生!明日のアルバイトをゲットする、その日まで!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

会社の下のローソンは、支店長以外は全員!外国人アルバイトです。
コンビニ振込みとかロッピーの説明とか本当日本語流暢だよ。
実践授業楽しそう:)

No title

お!この授業楽しそう♪
good ideav-218
そういえば、先日京都へ旅行した際
見た目は日本人っぽいホテル清掃していた職員に
場所を訪ねたら・・・「あ~うゎ~」って逃げられました^^;
やはり、人と接する機会の多いバイトでなきゃ
語学も上達しないでしょうね~
やんぴんの学生さんたちは、今からスパルタ教育を受けて
きっと逞しく日本での生活をenjoyできることでしょう!

No title

>3号サン

そうなんですよね。コンビニとか者の名前を覚えるから、自分も推薦してるんす。
流暢じゃなくても、丁寧な日本語を話してほしいなぁ~。
この授業、自分自身がとっても楽しい!


>Ladyサン

うん。楽しい授業です。趣味と実益が一致しています~。

そうなんですよね。『人と嫌でも触れる場所』を作り出すって難しいんですよね。特に留学生は狭い世界で生きてしまうから…

enjoyしてくれればいいんですけど…
目下の心配は
「変な日本語だなぁ。誰に教わった!?」
「やんぴん先生です…」
こんな状況にならなければいいんですが…
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。