スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今学期の目玉、ビジネス日本語会話が佳境です。

DSC_0588top.jpg




こんにちは。恩施は今週ずっとジトジトとした雨が続いています。

ホント、嫌になるくらい。。梅雨に入ったのか、間もなく入るのか。

スポーツは出来ないし、外に出るのも億劫だし。ホント、勘弁して欲しいです。

気温も思ったほど上がらず、窓の外を見て「ふぅっ…」っとあんにゅいになるやんぶろです。



P1060180.jpg
雨が続く恩施の我が校校内。ジトジト雨の朝7時30分。



さて、今学期、選択クラスで始めた『ビジネス日本語会話』が佳境を迎えています。

3年生で日系企業で働く可能性もある学生のみを対象とした、会話では最上級のクラスです。

やる気の無い学生は参加資格を与えず、差別化を図り、レベルの高いクラスをしています。



恐らく、元サラリーマンで元営業(一応…)の自分が学生に提供できる一番の“生教材”。

逆にこれを実行しなかったら自分の価値を全部出すことは出来なかったでしょう。

まぁ、つまり、かなり肝いりで行なっているクラスです。



授業は新入社員から始まって、日系企業への面接で終える全10回構成(本来は12回だったが)。

社内会話、上司への対応、名刺交換、社外へのアポ取り…等々。

とりあえず基本となる事は叩き込んでいます。しかも結構、いや相当に厳しく。



DSC_0596.jpg
はっきりいって結構厳しい。時にネクタイを締め本気度120%



P1060189.jpg
教科書。日本人が中国人向けに書いた、非常に秀逸な教材。



ビジネス日本語会話構成―――――――――――――――――――――――――

授業展開:
第一回…新入社員で自己紹介/他社訪問、名刺交換
第二回…社内会話(上司への敬語)/ビジネス電話
第三回…ビジネス会話
第四回…社外へのアポイント
第五回…JICA職員を迎えて、実践&これまでの復習
第六回…社内外への依頼・変更願い・拒否等
第七回…社内外への許可・了解・承諾等
第八回…日系企業への面接①(予定)
第九回…日系企業への面接②(予定)
第十回…総まとめ、フィードバック

その他実施事項:
日本企業の特徴/中国との違い・基本ビジネスマナー
ビジネスメール・株式会社基本役職名・オフィス用語等…

――――――――――――――――――――――――――――――――――――



時間的制約、教師(自分じゃ)と学生のレベル等で最高の授業は展開し切れていません。

ただ、自分の中ではかなりの構想と時間をかけて、この授業を展開しているつもりです。

日本の知り合い等にも相談しながら(ありがとうございます!)、頑張っているつもりです。



3年生はクラスの雰囲気が非常に静か。会話の授業では困らされる事も少なくありません。

ただ、一人一人は非常に勉強熱心で、教師としてなんとか応えてあげたかった。

特に、社会に出て、『なんだ、その日本語?』なんて絶対に言われて欲しくない。



っと、無駄に熱い想いを吐露してしまいました。

しかし、上の授業展開でもあるように、彼らはJICAのスタッフとも授業を行えてラッキー。

やはり、ホンモノのビジネスマンが来た時は、授業がビシッと締まりました。



DSC_0590.jpg
緊張の面持で部長役のJICA職員に話しかける3年生



また、ビジネスメールも是非習得して欲しいところ。違いなんて一定の型だけなんだから。

だから、毎週の宿題はビジネスメールを先生(自分じゃ)に送る事。

毎週30人のメールにチェックを入れて返信することは大変ですが、まぁ避けられない仕事。



无#26631;#39064;
教師でさえメールの書き方を知らない人が多いので、かなり気を付けてる内容。



なーんて、カッコいい事並べましたが、結局自分も相当楽しんでるんですよね、この授業。

特に、ビジネスマンに戻ったような気分はとっても新鮮。

前の顧客の顔とか、たまに浮かんできます。「迷惑かけたなぁ…」って(笑)




教師をしていても、ふとサラリーマン時代を思い出します。先輩とか、顧客の皆さんとか。

全く別の仕事なだけに、「あれも悪くなかったな…」なんて(ってか、自分は恵まれてた…)。

考えてもしょうがないけど、ドロップアウトして情けない気持ちなんかも、たまに。



自分はビジネスマンが向いているのか、教師が向いているのか、そんな事分からないのですが。

ただ、どちらも捨てがたい(笑)。正直な感想です。少なくとも、どちらも手は抜いてません。

そんな気持ちを、3年生が感じ取ってくれたら…嬉しいなぁ。なーんてね。



DSC_0588.jpg
お前らー!社会をナメるな、このヤロー!っと息巻くバカ教師



さて、来週からビジネス日本語会話はいよいよ“日系企業へ面接”です。

これが一番大事であり、教師の腕の見せ所。逆に言えばプレッシャーです。

よし、いっちょ、やったるぞ! C=C=C=C= ┌( ̄ー ̄)┘Go----!!



あ、そうだ。最後にスベらない話。

名刺交換を初めて教えて、学生に実践させた時、学生が緊張してですね…

“出来れば交換する瞬間、自分の名刺は下にする(営業マン風)”と教えたんですが、

『相手と交換する瞬間、わざわざ相手の上に名刺を持っていってしまった…』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

学生は

こんなに学生のことを思ってくれる先生に習えて、学生は幸せだね!
髪型、お化粧、服装、、、社会人になることで学生も戸惑っていると思う。自分たちにできること、しかと伝えてあげたいねv-220


No title

>ヒロさん

いやいや、そんなに褒めてもらうほどでもないんですが…

ただ、ビジネス日本語は自分の得意分野なので、是非っと。

彼らに教えたいのは、社会人の厳しさかな。甘い学生が多い。
今週の授業でも、ちょっと火を噴いてやります~。
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。