スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やんぴんキッチン全史!!!

P1020530top.jpg



こんにちは、どーもどーも。2日に一回更新!なんて無謀な事を言ってのけてしまいましたね。

「リオン(離恩=恩施を離れる)前にハードル高すぎだろ…」とは思っているのですが…

でも、帰国したらブログ一切更新しないつもりなので、残りの時間で頑張って書いてきます。

っという訳で、まとめに入りだして、自分で自分の首を締めているやんぶろです。


さて、帰国前のドタバタに紛れ、音もなくそっと、やんぴんキッチンが閉店いたしました。

細かな料理は作りますが、お客さん呼んだりとか、大掛かりな料理作ったりとかは終わりです。

『最後にパーっと!!』って意見もあったんですが、終える時はさらっと終えたいと思ったので。

やんぶろを読んで下さってる方ならご存知ですが、お世話になったキッチンさんでした。


そこで今日は、協力隊料理部を名乗り、料理ブログとまで揶揄されたキッチン史を大紹介!!

1回の記事で伝えきれるか不安なほど、濃密に絡みあった自分とキッチン!!(なんかエロい)

もし、「2年間、あなたの何が成長した?」と聞かれたら、答えはもちろん一つだろう。

そんなキッチン全史を大々々紹介!!ンモーー、すごいんだからっ!!!



黎明期

元々料理は嫌いではなく、任地(恩施)に行ったら、料理をしようとは思っていた。

ただ、学生との交流の手段として料理をするなんて考えてはいなかった。

また、自分が料理に対してこれほどの愛情と情熱を注ぐとも思っていなかった。

いい意味での“意外さ”が自分の中で見事にハマったのかもしれない。



P1010573.jpg
やんぴんキッチンは09.7.10.彼等と共に始まった。感謝と記念を込めた最初の一枚。



P1010575.jpg
元々料理は出来る方で(学生時代イタリアンコック)、でもまぁ先ずはチャーハンとかね。



P1010953.jpg
赴任が夏休み2ヶ月と見事に重なり、時間を持て余し、徐々に実験的色彩を帯びてゆく。



P1010725.jpg
当初はネット環境がキッチンだけというのも彼女(キッチン)との蜜月を支えたのかも。



P1020428.jpg
夏休みが明け、学生と交流が始まると、言葉と共にキッチンがツールとなり始めた。



P1020512.jpg
そして交流や食事でも、ドラスティックなまでにキッチンが使われるようになった。



P1020208.jpg
「和食を覚えよう。」自分に課題を課すようになったのもキッチンLOVEの理由の一つ。



P1030507.jpg
黎明期、いやキッチン史のターニングポイントはこいつかも知れない。



P1030520.jpg
スープからラーメン作っちゃった(笑)。「あ、意外に作れるんだ。」この事実を知った。



発展期

ラーメンすらも作ろうと思えば作れる事が分かり、俄然楽しくなったんだと思う。

次の学期が始まる前の北京上京では、既に食材購入が一番の目的となっていた。

『料理を作りたい、料理を作ってあげたい』そんな時期だったかも知れない。

それはあたかも、増えるワカメちゃんが水を吸って膨らむように(ん?例えが変?)。



P1030899.jpg
10年元旦、北京から戻った自分がすぐに作ったのは学生への炊き出しのお雑煮。



P1040121.jpg
“挑戦”がこの全盛期のキーワードとも言えるのかも知れない。



P1040146.jpg
挑戦の末に辿り着いたとんこつラーメン。これはJICAの記事にもなった。



P1060266.jpg
ラーメン系三銃士。『食べたいか それなら作るか ほととぎす』(キッチン川柳)



P1050361_20110602020626.jpg
ハムすらも作れることが分かった(友人から作り方聞いたんだけどね)。



P1040829.jpg
主食はどんどん麺へと移行し、『無類無き麺野郎』(ただの麺好き)が誕生した。



P1060354.jpg
交流ではパティシエの友人を招いて、スイーツ教室を行った。これは楽しかった。



P1060431.jpg
規模/人数共に発展期MAXと言える活動で(って女子多過ぎ…)、JICA記事にもなった。



最盛期

尽きないキッチン熱。キッチン2年目のジンクスや倦怠期なんて存在しなかった。

そして、実験的な色彩はより色濃くなり、ビビット感たっぷりなチャレンジ企画が増えた。

もちろんそれは、キッチンとの濃密で且つ絶え間ない関係が続いたからこそ。

あたかもペー子パー子のように寄り添い続け、松坂が甲子園で投げ続けたように(例え変?)



P1080134.jpg
はしゃぎ合った時期が過ぎても、慣れ合うこと無く新しい事にチャレンジした。



P1080824.jpg
これは東北地方への旅行で仕入れた松茸で作った“松茸入れすぎご飯”。



P1080251_20110602022551.jpg
「30分以内の時短料理で色々作る!」これが全盛期に掲げられたフラッグ(後、撤回)。



P1080321.jpg
ピクルスとかも作ってみた(一回で飽きた)。



P1080156_20110602021426.jpg
あんな料理こんな料理…作れそうな料理は作ってみる。特に麺類。



P1080187_20110602022552.jpg
学生との交流も続き、色んな料理にも挑戦した。彼等は朝鮮族。



P1080160_20110602021426.jpg
んで、朝鮮族特製キムチ。「民族の誇りを忘れるな!」とは誇りの旨味なり。



P1080341.jpg
彼等とは『チキチキ☆男のキムチチャーハン対決』等、熱いバトルが繰り広げられた。



P1050295.jpg
最後に辛味噌ラーメンを作り、三大ラーメン制覇。ラーメン漢(おとこ)完成であった。



衰退期

どんな事にも終焉は存在する。それはダイソン以外の永久運動が存在しないように。

キッチンライフもしかりであった。理由は多忙と、めちゃ多い新人類1年生かもしれない。

任期が残り半年を切り、キッチンプライオリティが下がり、合間を縫っての交流も疲れた。

そして、いよいよキッチンはフィナーレを迎えることになる。



P1090373.jpg
すんげぇ多い今年の1年生。毎週毎週来てくれる学生にちょっと疲れたのもある。



P1100274_20110602024548.jpg
なんか、途中寿司マシーンみたいになってたし(苦笑)



P1100289.jpg
でも一年生はやっぱ無邪気でカワイイ。良くこんなガンプヘアーと遊んでくれるわ。



P1110215.jpg
とはいえ、高学年と遊ぶと、やっぱり話が弾んで楽しい。これは3年生。



P1100105.jpg
尚、衰退期とは言い換えると円熟期でもある。天ぷらなんてお手の物。



P1110217.jpg
この完璧な比率のカツカレーを見てくれ。これぞ円熟期である。



P1100300.jpg
もち、『無類無き麺野郎』は成長し、初めてそうめんが美味いとすら思えたのだ。



ふぅ、すんげぇ無駄に長いブログですね。お読み下さった皆様、ありがとうございます。

こうやって改めて料理の写真をピックアップしてみると、感慨深くすらなりますね。

日本に帰ったら、もちろんこんなに料理しないでしょうし。いい記念かもしれません。

記念というか、勉強というか。間違いなく料理の腕はあがりましたしね。


そのキッチンさんには感謝感謝です。そしてキッチンを共に過ごした皆様にも感謝感謝。

やんぶろはキッチンや料理を通じて語ったことが多くあり、ある意味で代名詞化です。

「あんな料理を作ってブログに載せるか…」的なヨコシマな効果も生まれました。

つまり、皆様とは学生及び、やんぶろ読者様も含むのです!感謝感謝できれいに完!!


P1110849.jpg
P.S. 最後に作った料理…これは何でしょう。



P1110852.jpg
ナスのお漬物でした~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

キッチン全史あっぱれ!
この2年間での無類なき挑戦と麺好きの階段を上る過程
がよくわかりましたw
その節はキッチンさんにはもお世話になりました。
ありがとう~

もはや立派な活動報告

朝、ちらっと見たらかなりボリューミィな予感がしたので、出直して来ました(笑)
しかし食後のお腹にはやはりヘビーだった・・・
いかにキッチンとの関係がこってり濃密だったか、そしてやんピン先生のまめさ加減よーく伝わりました。
ごちそうさま!
全部おいしそうだけど、特にラーメンの本気度がすごいわ!行列できそう。

No title

ママです。
あなたの料理、味もさることながら、見た目も立派ね。
帰ってきたら、ママのお店のメニューの考案とコックをお願いするわ。
研究開発費は自腹で、もちろん無給でね。

No title

朝から何も食べていない状態でこの内容はキツ過ぎる。。。
というか最早これでお腹を満たそうともしてるけれど。

特にカツカレーのご飯とカレーとカツのコントラスト、バランスが絵的にとても好きです。

最近料理ネタがないと思っていたらやんキッチンは閉店されてしまったんだねー本当に毎週毎週お疲れさまでした☆
料理隊員なんて言ってたけど、本当に存在することを知って、私も応募しようかな~なんて目論んだこともあります(笑)

とこれを書いている今日は学生たちに教えた日からちょうど1年!!

No title

えっとー、主夫になって、私の為にごはんを作ってください♪
(逆プロポーズ)

こうやって全史としてまとめるとすごいね!
カルボナーラはレシピ貰って、作ってみたんだっけ。
寒いけどいいキッチンだったね。

No title

>CA小林さん

その節はお世話になりました!

改めて見るといろんな料理作ったなって。
ま、二年間なんだから当たり前なんだろうけど。

こちらこそありがとうねー。


>あざー

ヘビーですまんw
二年間の思いというか、カロリー詰まってるからw

決してマメじゃないんだよ。
ただ、打ち込んだら頑張るの。
んで、ラーメンは頑張りすぎたの。


>ママ

ママのメニューだと全部ツマミ系でしょw
飲んだあとにパスタとか無理でしょうしw

そろそろ日本で人の作った日本料理が食べたいですー。


>nao

その節はお世話になりましたー。

料理隊員ってほんとうにあるんだ。知らんかった。
アフリカ方面だろうね。
インスピレーションを得るためには良さそうだな。
技術向上的には論外だろうけど。


>三号サン

逆プロキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

そうですね。我がキッチン、お気に入りの空間です!
今は西日ガンガンで、いささか暑いですよ!!

すまん・・・。

長過ぎて、途中で読むのを断念してしまった…。
でも、思いはヒシヒシと伝わってきました。
2年間、熱血漢を貫き通したねw おつかれさまでした。
あとは「みんなで仲良く」帰国してくれる事を願っています。
帰国、いつなん??
オモシロお土産、もらった??

No title

>ボメィさん

断念したのは無駄に長い報告型ブログですね。
あれは統計によると8割の人が断念してるようなので気にしないで下さい(苦笑)

大学で教壇に立たれるかもなんですね。
おめでとうございます~!
でも大学と一言で言っても、中国は結構特殊なんじゃないですかねw

もう一回隊員志願したらマジで尊敬しますわw
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。