スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢(おとこ)の本格ラーメン作り!!其の弐

q#35843;整大小 重新曝光 P1040105



男はやる時には、やる。それも圧倒的に。

それを人呼んで“漢(おとこ)”と呼ぶ。

そう、遂にあの熱い漢(おとこ)が帰って来た。

冬休みの〆(シメ)はやはりラーメンで“シメ”なくてはいけないのだ。



あれは忘れもしない12月初旬。

漢(おとこ)は伝統の関東醤油ラーメンを恩施に再現させた。(其の壱ラーメンブログはこちら)

あれから3カ月。漢(おとこ)はラーメンが恋しくなった。いや、ラーメンに飢えていた。

そして、再び、決心した。


『食べたいか 作ったりなよ ほととぎす』


そして、恩施に再びラーメンが光臨した。

しかも今回は“濃厚とんこつ醤油ラーメン”と数段の飛躍を遂げて。

以下、衝撃のパーフェクト・ラーメン・メーキング・ストーリー。

完全実写の完全保存。世界のセーネンよ、涎を拭う準備をしておきな。



尚、今回は前回のブログと同様の手順は省略する。というか、今回はスープ作成に尽きる。

とんこつラーメン、何よりもスープが大変だったのだ。

とんこつラーメンの作り方をネットで検索すると、使用するのは『豚のゲンコツ』。

なんだそりゃ??っと思うが、豚の膝関節の骨を指すらしい。もう、そこから大変だったのだ。



#35843;整大小 重新曝光 P1040096
豚のゲンコツ(豚の膝関節の骨)1kg



どうにか市場にて食材を購入して、先ずは骨の灰汁(アク)抜き。前日の夜からの仕込み。

これをしないと、臭みが出てしまうので、スープに作りには欠かせない作業なのだ。



#35843;整大小 重新曝光 P1040101



灰汁を抜いたら、確かにダシに使えそうな骨になった(トップの写真)。



#35843;整大小 #35843;整大小 P1040105



そして翌日。ここからが大変だった。。このネットの記事を読んでくれ。

「とんこつスープは煮込んでいると、骨が焦げるので、最低6時間はかき混ぜ続ける事。」

何という事だ…6時間も鍋をかき混ぜ続けるのか…漢(おとこ)もそれにはビックリだぜ。

という訳で、キッチンに生活道具一式を運び込み、臨戦態勢を整える。



#35843;整大小 重新曝光 旋#36716; #35843;整大小 P1040124



さぁ、怒涛のスープ作り開始。以下、ずっとスープをかき混ぜ続けました。

比喩じゃない、6時間、スープを混ぜ続けたんだ。

先ずは鍋いっぱいに張った水に、豚のゲンコツを入れて沸騰するまで煮込む。



#35843;整大小 重新曝光 P1040121



沸騰して色が変わったら、香味野菜(玉ねぎ)を入れて、更に煮込む事2時間。



#35843;整大小 #35843;整大小 重新曝光 P1040125



ここからが正念場。煮崩れした骨が焦げないように、ひたすらかき混ぜ続ける事2時間。



#35843;整大小 #35843;整大小 重新曝光 P1040132



余りある単純作業を支えてくれたのは、持ち込んだPCで見ていた「ガキの使い」。



#35843;整大小 #35843;整大小 重新曝光 P1040134



長い道のりを経て、とうとう6時間が経過。スープは見事な白濁色に。



#35843;整大小 #35843;整大小 重新曝光 P1040139



ここまでくれば、後は麺を茹でてトッピングを合わせるだけ。

尚、前回は麺で手痛い失敗をしたので、今回は事前に北京で“日式ラーメン”の麺を購入済み。



#35843;整大小 #35843;整大小 重新曝光 P1040142



麺を茹で、スープをスタンバイし、そして、トッピングを準備。

昼の12時から始めたのに、もう夜の7時になっちまったぜ。



#35843;整大小 重新曝光 P1040144



こうして、全ての役者は出揃った。



またしても、仕込みから食事までほぼ丸一日費やした。

「濃厚とんこつ醤油ラーメン」が食べたいという、情熱にフルえたラーメン作りだった。

大体、『豚のゲンコツ』なんて、一般人は生涯で何回購入するだろう?

そして何より、6時間鍋をかき混ぜ続けるなんて、正気の沙汰じゃない。



しかし、やり遂げた。



今回は学生が、とてもとても楽しみにしてくれていた。

失敗するわけにはいかない。これも、情熱を支えた大きな要因だった。

「あいつらに美味いラーメンを食べさせる。」

これは、漢(おとこ)にとってはフルえる程にやる気を出すもんさ。



さぁ、見てくれ。やんぴん家ラーメン第2弾、『濃厚とんこつ醤油ラーメン』を。





…(深呼吸して、)





これが濃厚とんこつ醤油ラーメンだっ!!!
#35843;整大小 重新曝光 P1040146



恐ろしい。恐ろしいばかりの出来栄え。

この、濃厚なとんこつベースのスープを見てくれ。



#35843;整大小 #35843;整大小 重新曝光 P1040148



まさしく漢(おとこ)のラーメン。

この、フルえるぷりぷりの味玉を見てくれ。



#35843;整大小 #35843;整大小 重新曝光 P1040149



もう、言葉は要らない。

この、どっしりとしたチャーシューを見てくれ。



#35843;整大小 #35843;整大小 重新曝光 P1040150



「先生、美味しいです!これなら日本に行っても(食事は)大丈夫です!!」

こう言ったのは、4年生の男の子。彼は今年、卒業後に日本留学を考えている。



#35843;整大小 重新曝光 #35843;整大小 ryuP1040155



「先生、美味しい!」

これは2年生の女の子。単純に「美味しい!」という言葉がすっと心に染み渡る。



#35843;整大小 #35843;整大小 重新曝光 旋#36716; P1040156



最後に、もう一度堪能してくれ。

もう一度言う、これが漢(おとこ)の『やんぴん家 濃厚とんこつ醤油ラーメン』だ。



#35843;整大小 重新曝光 P1040146



編集後記:

前回で味をしめたというか、手順は分かっていたとはいえ、やはりラーメン作りは大変だった。

特に、とんこつスープ。今まで自分は日本で、この大変なラーメンを無感動に食べていたのか。

そう思うと、猛省せざるを得ない。とんこつラーメン、本当に大変です。

6時間かき混ぜ続けた漢(おとこ)の腕。こいつはラーメン食べるには10分しか使わなかった。

相変わらず、圧倒的に割に合わないぜ、やんぴん家ラーメン!!!

しかし、学生が喜んでくれた。これが何よりのご馳走だと思う。


『とんこつの てまひまかけて 漢(おとこ)あり』


敢えて言えば、ただ一つ、懸念がある。

学生は、「日本人は家庭で本格ラーメンを作る。」こう考えていないだろうか…

「普通はラーメンなんて作れないからね!!」っと念を押したが、非常に不安である。

もしあなたが将来中国人に会って「日本人は良くラーメンを、骨からスープ取って食べますよね!」こう言われたら、

それは漢(おとこ)の学生かもしれない。それもまた一つの楽しみかもしれない。

完!!


P.S.
尚、当ラーメンの情熱は、JICAの『ワールドレポーター』という記事に取り上げてもらいました。
『ワールドレポーター』とはセーネン達の活動を一般の人に紹介するレポートなのだ。
興味のある方は↓
JICA ワールドレポーター 『恩施史上初!とんこつラーメンに出会った中国人学生』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あっぱれです・・・もう言葉は要りません笑
スープから作るなんてすごい!

かくいう私はモーレツに餃子が食べたくなったのですが、
ここでは手に入らない・・・ので、皮から作ったってだけでも
けっこうやり遂げた感があったのですが、ここまでくるとは!
さすが、中国、本場 中国!

新橋の路地へ

シティーリビング特集“女子的ラーメン店”を見て、
http://www.citywave.com/tokyo/tokusyu/100217/02.html#11

近所(なのか?)にあるじゃんと、競合他社の2号を誘って、

広島つけ麺 ぶちうま新橋店
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13041276/

へ行って来ました。
すごい路地にあります。
この辺、ただでさえ女子には厳しい街並みなのに、更に路地!
のぼり、立て看板、提灯、さらに路地に「やってます!」っていう看板が煌々とライトアップされていなければたどり着けなかったでしょう。

そんなで食べた割りに、
とくに印象に残らないかも。
口が若干ねぎ臭いが、ラーメン食べたあとの、アノこってり感はなし。

やんぴんラーメンが食べてみたいです☆

No title

>misaさん

やはりそちらでは餃子の皮は無理っすか…

意外に中国でも皮ってあんまり見ないぁ。
出来合いか、全くスタートから作るか。

ぜひ、misa氏もスゴイ事やってみて下さい!

ラーメンは正直きついからお勧めしませんが…


>3号さん

うわっ!
つけ麺とか止めて下さいよ!!

自分、今なら10辛イケますよ笑

なんかめっちゃ美味そうですけどね。

やんぴんラーメンは気まぐれ営業なので、うまく営業中の時に来て下さい~

あぁ…つけ麺食べたい…新橋…
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。