スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一応、ホーリーナイトな恩施です。

P1090389top.jpg



こんにちは。今日、クリスマスの清き聖夜に、北京へ出張へ行きます。

3回目の中国青年海外協力隊の総会です。そして今回が最後です。

とはいえ、最後的な意気込みは全くなく、『北京に上がる=日本料理屋で飲める』です!

もう、この一週間、焼酎の夢まで見そうだった、北京(=酒!)なやんぶろです。


北京では総会(全体会議)の他に健康診断、また日本語教師の勉強会等、毎日行事が目白押し。

んだから、折角の北京なので、今回は延長して、年越しも北京で過ごそうと思います。

そうすれば、総会後も存分に飲めるのです。むふふん。それがうれしいのです。

頭の中で日本料理で焼酎を喰らう姿ばかり想像してしまい、むふふふ…(つまりキモイ)。


さて、今、このブログアップ時は実はクリスマスイブなんですね。

しかし学期末、プラス最近は毎日のように学生が進路相談で我が家に来ており、全然実感無し!

まぁ、折角だからと、日本留学の相談に来た学生に、クリスマスの飾り物を作って貰いました。

んで、これが、我が家のクリスマス。勝手に命名、イブハウス。



P1090388.jpg
なんかの景品で貰ったクリスマス用の家ともみの木(だよね…)、その前には…



なんか、写真、これ見よがしに紙が見えると思いますが。それに関してちょい事件が。

この聖なるイブに荷物が届きました。「To やんぴんへ」って。

「えっ?前回のブログを見て、早速やんぴん物件購入希望者か!?んもぅ!(キモイ)」っと。

んでですね、平静装って、んだども、少々小走りで、郵便局へ行きました。



P1090397.jpg
あれ?なんで中国の箱なん?ってか、なんか見覚えあるんだけど…



あれ?これって、自分が南米の友人に送った荷物じゃね?

南米にいるセーネンの同期と、「密貿易しようぜ!げへへ!!」って送った荷物でした。

今頃太平洋を勇ましく渡っているかと思いきや、恩施の山っころに戻ってきやがった!!!

んで、さっきのイブハウスの前にあった紙なんですが、こんな事が添えられていたのです。



P10903881
クリスマスカードではなく、中国の税関からの通達…



「あのねー、こちら税関なんですが、送っていただいた荷物を見てみたんですよ。

南米まで、完全にお金足りないから、差し戻しますね。ハイ。」だって。。。

…え?自分のせいじゃなくね??郵便局で言われた値段なんですが…ひどくね…?

イブの素敵な出来事でした!!!……な訳あるか!!




最後に。今日、クリスマスという事で、授業があった1年生から、お祝いにりんごを貰いました。

「クリスマスの平安」とりんごの別名「平安果」が一緒だからだそうです。

この数日、ちょい忙しいのと、今年の1年生の出来が芳しくなくてちょい凹んでいたのと。

でも、こういうの貰うと、ほっこりきますね。本当、ありがたいです。



P1090390.jpg
みんなそれぞれありがとう!これでアップルパイに挑戦してみようかな。



P1090392.jpg
「おめでたい」って意味ね。某ナイスバディ姉妹の姉貴ではない。



出来が悪いと教師が嘆く1年生、でもみんな日本語で一言添えてくれました。

今日、折り良く同僚教師と「先生も頑張らないと、学生が可哀相だべ」って話していました。

彼らの学習意欲が無い訳はないんですよね。添えられた日本語を見て、やはりそう思いました。

まだタドタドシイ日本語ですが、ほっこり来ます。な訳で、ほっこりとやんぶろ、終わります。



P1090396.jpg
惜しい!マリーになってるよ!若干人名だよ!!



P1090395.jpg
おぉ!!確かに!!!これは間違いではない!!笑。

敢えて言おう!完全断絶宣言だと!!

P1090376top.jpg




こんにちは。





最初の写真でピーンっときました?




そう。




そうなんですよ!








タバコやめましたーーーー!!!!







もう一回言いましょう!







タバコやめちゃったーーーー!!!!







ハイ、それではいつものやんぶろに戻ります。でも、ノースモーキングなやんぶろです。

タバコなんですが、まぁ、まだ止めて1週間ですけどね。

でも、ニコチン切れの症状が来る3日目、100時間とか全部クリアしたから宣言するのだ!

今日のやんぶろは恐ろしく個人的な自慢に終始するのだ!!!ワハハ!!!ガハハ!!!


この禁煙、いや、絶煙、晴天のヘキレキ的に、急に止めてしまいました。

(禁煙って、また始めても良さそうな語感だから、使いません。絶煙と呼びます。)

そして、大したニコチン切れ症状を味わう事無く、なぜかすんなりと止めてしまいました。

でも、もう、吸わない。本当にもう結構。今はそんな気分なのです。


タバコ止める為の伏線は色々あったんですけどね。

タバコ嫌いだった姐が帰ったとか、髪切って心機一転したとか、友人に冷笑されたとか色々。

でも、一番の理由は『もう、十分でしょ。』っていう気持ちでした。

確かハタチ前後からずっと吸っていて、もういい加減にうんざりしてたって事です。


タバコ、日本では今440円でしたっけ?高すぎる。1日1箱吸ったら普通に1ヶ月13,000円!

あと、タバコ吸ってる人の居場所も無さ過ぎる。ケナされる事はあってもホメられないし。

夜中にタバコ切れた時の辛さとか、ちょっと止めた時(彼女に止めろって言われた時だけだが)。

かなり、というかものすごく不条理にきつい思いをしなくていけず、もう何もかもうんざり。


こっちに来てからも、学生と遊んでたら「今日は5本吸いましたね」とか言われたり。

第二のハハ的なシニア隊員に「タバコさえなければ、まぁまぁいい青年よ」と言われたり。

もう、それらを含めて、もうおなか一杯。自分でも10年間、良く吸ったと思います。

という訳で、見事に絶煙と相成りました。


「タバコ止めたらきついかな…」っと思っていたのですが、意外にそうでもないんです。

いわゆる“ニコチン切れ”という、禁断症状を予想してたんですが。

(この禁断症状は意思の問題ではなく、既に身体的にニコチンに犯されている為)

そりゃ、少しはありますが、なんかえらくスムーズで、ちょっと拍子抜けしてます。


禁煙の最中、何度もお酒を飲み、更にはアメリカ人教師と飲んだ時は記憶すら無くしたんですが。

全ての場面で、きっぱりとタバコは断れています。

これは、「ちょっと吸いたい…」より、「もう二度と要らない」の気持ちが圧倒的に強いから。

それ位、タバコの、ニコチンの怖さを知っているですわ、マジで。


尚、今は“タバコを吸っていた分の時間が余ってしょうがない!”って気分です。

今までこんなに時間を圧迫していたのか…今、“重りを外した孫悟空”的な気分!(←分かる?)

後、『生活にこびりついたタバコの残存記憶』が無くなったら、本当に禁煙は成功だそうです。

友人が「タバコの話をしなくなったら成功だな」って言われましたが、アナガチ嘘じゃない。



P1090378.jpg
口寂しいってか、ヒマ!って感じです。ガムが欠かせません。



でも、この見事な禁煙、意外にというか、あまり周りに誉めてもらえない(笑)

同僚も友人たちも、「ふーん。すごいね」みたいな(苦笑)。まぁ、それでいいんですが…

多分、自分とよく一緒にいた人が聞いたら、びっくりするんじゃかなー。

という訳で、このブログで自慢しまくっちゃいます。エヘンエヘン。


あ、それと、日本にいるハハ殿は泣いて喜ぶだろうな…狂喜乱舞だろうなー。

なんて自分は親孝行な息子なんだ…(←言い過ぎ)。ハハよ、ムスコはやったぜよ。

家族で吸うのは自分だけだから、いつもいつも汚れた雑巾みたいに扱われたからなー。

日本でハハ殿に会ったら、美しい息を吹きかけてあげよう。泣くぞ、ハハ殿。


あ、それと、やんぴん物件の価値が一つ上がったんじゃないか!?

料理少し出来て、タバコ吸わないんですよ!ハゲてもないし、お腹も出てないし。

アタマは弱いけど、運動神経はオソルベシだし。顔は『サッポロ一番』の塩味以下の薄味だし☆

うふふ…誰か来ちゃったりして。ぐふふ…モデルハウスやんぴんやろうかな…


っと、なんかハイテンションで書いてしまいました(笑)

という訳で、一人で禁煙した自分を褒め称える、アホバカブログでした。

今学期、もう一個達成した事があって、それも自慢したいところなんですが、また次回。

ええ。。…コメントでシタタカにやんぴんを誉めてもいいっすよ。ええ、はい!!!

一年生との連続食事とタクシーでの反省

P1090206top.jpg



こんにちは。今日、うわさの一年生達と食事をして、これで5週連続一年生と食事でした。

今年の一年生は学習意欲が低い学生が多く、せめて外国人と触れ合う機会をと思っています。

しかし、さすがに5週連続は若干ストレスでした。。。今週がラストだったからいいんだけど。

なんか今日が終わった時、変な達成感すらあった、相変わらず変なやんぶろです。


さて、何度もお伝えしているニュータイプの一年生。最近、交流が激増しています。

彼らが自分に慣れ、会話の授業も進み、若干スムーズになった事などが理由です。

やはり去年の学生と比べ“私への慣れ”や“学習意欲”、“授業進行”は遅いのですが。。

でも、彼らと接する唯一の日本人として、『自分が見捨ててはいけない』と決めてます。


今年の一年生と去年の学生を比べると、ちょっと不思議な違いがあります。

去年は自分の授業開始から2ヶ月位、“物珍しさに”授業の前後で自分を写メしまくりでした。

今年の学生は十週目位から、急激に写メが増えました。このタイムラグはなんなんだろう…

自分への“慣れ”と、漸く生まれた“興味”から来るのではと分析しているのですが。

(自分の名誉の為に言っておきますが、、、写メされても嬉しくないですからね!!)


その一年生が料理を食べに(又は一緒に作りに)来る際に、決めている事があります。

①自分達でも必ず料理を作る事。 ②食べ終わったら、必ず皿を洗う事

①は「料理が出来ると、外国人との交流に役立つよ。又、これも社会経験です。」っと。

②は単に自分が皿洗い嫌いだから。この位わがまま言わせて貰っていいかなって。てへ。


一年生の多くは料理がほとんど出来ません。まぁ、日本の18~20歳も同じ位でしょうが。

今の学生は一人っ子で、だんだんと割合裕福な増えていて、まぁ、甘やかされてるんですよね。

でも、それが社会に出た後も通じるほど、中国の社会は厳しくない(これは本当)。

だから、こういう実地訓練というか、課外経験も必要だろうな~っと思っています。



P1090192.jpg
時に包丁の持ち方、切る時に押さえるもう一方の手の置き方等も教えてます。



でも料理が出来ない一年生。

料理をさせると、それはそれはカオスです。ちょっとその顛末をご紹介。



ケース①下準備


・「野菜切れる?」との質問に「当たり前です!」。そして包丁を握ると硬直。ここで一言。
 「野菜の切り方は知ってるけど、実際に切った事はない」←え…切れないじゃん…


・切り方を教えると、とにかく切りまくる。食べきれないのは明白。ここで一言。
 「先生、残りは今度食べてください」←最早絶句…確信犯だったのか…



ケース② 炒め物


・(炒めながら)「先生、ガスコンロの火が強すぎます!弱めてください!」←何故、自分が?


・(塩を入れた後)「味、どうですか?塩はこれ位?」←眺めてるだけの自分に何故味を分かる?


・(作りながら不満げに)「あの調味料が無いのが悪いのよ。私は悪くないから。」←ひどい…



ケース③ 罵り合う(仲がいい証拠か?)、良く聞く名言集


・「あんた、この料理作った事ないんでしょ。彩りも悪いし、味もまずそうだし!」
  ⇒大抵、こういう口を挟みまくる子は、料理が出来ない。


・「あんたの切り方、ホント下手ね。貸してごらん!」
  ⇒こういう子も、大抵技術は同じ。


・(料理が出来る子)「私がやってあげるから、あんた達は野菜を洗いなさいよ!!」
  ⇒もうちょっと思いやりが欲しいところ…これ言われたら切ないなぁ。



いやー、すごいですね。実際、すごいですよ。かなり強烈です。

しかし、自分は文句は言うまいと心に決めています。かなり(相当)ぐっと堪えてます。

一年生との料理を通じて、自分の我慢強さを成長させる場にすらなっています。

結構心の中で「てめぇ…」と呟き、わなわなとこぶしを固める事もありますが…



P1090128.jpg



さて、話題変わって。タクシーでの一コマ。

今日、学生とお昼に料理を終え、すぐにタクシーでグラウンドへ向かいました。

行き先の名前が「恩施体育中心」だったか、「州中心体育館」だったか忘れ、

とりあえずぼんやりと行き先と共に「名前、どっちだっけ?」と尋ねました。


すると、運ちゃんが「あんた、どこの者だい?恩施じゃないだろ」っと。

自慢ではありませんが、自分はまぁ中国語が出来るので、すぐには外国人とばれません。

とはいえ、恩施という土地柄、外国人が少ないから、その可能性を疑わないのもありますが。

大体、「広東か?」(広東語が母語なので、中国語の発音がちょっとおかしい)と言われます。


いつもは「いやー、実は日本人なんだよ」と暴露し、その後運ちゃんと盛り上がるのですが。

今日は上述の学生との料理バトルでちょっと疲れてたので、咄嗟に「(中国)東北人だ」と嘘を。

疲れてて「えー!日本人かよー!」的なトークする気が起きなかったのです。

前回、試しに東北人を偽り、ばれなかったので、ちょっと魔が差したのもあります。


すると、運ちゃん、意外にも中国の東北に興味津々。めっちゃ質問を被せられました。

「東北はもう寒いだろうー」「暖房の燃料はなんだ?」「東北の列車って何の燃料だ?」

「東北の米はどんな米だ?」「物価、東北でも高騰してるだろう!」等等…

今更訂正することも出来ず、東北人に成りすまし、逐一答えてしまいました。


結局、運ちゃん、最後まで疑わず…(自分は東北出身の学生から聞いた話なので正確だった)。

なんか、運ちゃんにも、中国の東北にも、どっちも騙してしまった気がして自己嫌悪。。

人のいい運ちゃんに、最後には心の中で「すまんすまん…」と呟いていました。

そして、日本人である事を隠したことにも、とても後味が悪い経験でした。


やっぱり、日本人として、キッパリと言った方がいいですね。反省しました。

グラウンドについて、チームメートにこの事を話すと、みんな大笑い。

「運ちゃん、変な東北人と思ったろうなー。絶対朝鮮族だと思ったぞ」(朝鮮族は主に東北)。

なんか、善良な恩施人を勘違いさせた事間違いなし。ゴメン、運ちゃん!!チャンチャン。



P.S.

先週の金曜日、ブログをアップしたのですが、一旦削除しました。

自身、内容にちょっと不満が残ったので、後日、機会があれば改めてアップします。

徒然やんぶろ ―マジメにくつのお話―

P1090029TOP.jpg



こんにちは。今週末、久しぶりにサッカーの試合がありませんでした。ゆっくりできました。

思えばこの3週間、週3回、90分フルコートが続いていて、正直足がボロボロでした。

プロより多い試合時間って…あ、自分、本職は日本語教師なんですよ、一応。

ちゃんと日本語教育も料理もこなした上で、だと勝手に自認してるやんぶろです。



ボロボロになっている足と同時に、靴もボロボロになってしまいました。

今日はそんな靴にまつわる徒然ネタをご紹介。

果てしなく靴の写真ばかり続く、まさに自己満足ブログ(サッカーでは○○○-プレーと呼ぶ)。

最後に華のある写真を載せるので、許してくださいませ。



さて、靴の話。知り合いに頼んで、中国のネットショップでサッカーシューズを購入しました。

理由は、日本から持ってきた靴がとうとう壊れたから。ほぼ新品だったんですが。

サッカーがライフスタイルになり、ハードワークにとうとうイカれてしまったんですね。

ちょっと高いけど、490元(6000円強)で本物のアンブロというメーカーの靴を購入。



P1090029.jpg
アンブロの新作。かなり軽くて走りやすそう。でも蹴り心地は不明…



P1090040.jpg
とうとう壊れたナイキのサッカー用スパイク。かなり頑張ってくれたが…



ここ中国では、パチ物といいますかニセモノがかなり安く買えます。まぁ、良くない事ですが。

ただし、経験上、安かろう悪かろうです。買ってもすぐに壊れてしまいます。

自分は『靴は一定以上のもの』を常々掲げているので、安かろう悪かろうはちょっと。

パチ物で結果怪我する位なら、初めの段階で安心できる物に投資した方がいいからです。



しかし、しかしです。

今回、毎週末の“恩施スーパーリーグ”には信じ難いルール項目があります。

『革・合成革のスパイク一切禁止』

え!?意味が分からないんですけど…全面人工芝なのにスパイク履かない方が危険ですが…



理由を問い質すと、「革・合成革は接触プレーでキケンだから」との事。

んな、アホな…危険な接触プレーに対して、厳粛な態度で臨めば済む話なのに…

確かに中国のサッカーは結構プレーがラフです。フィジカルが強いとも言えますが。

これは完全に本末転倒な気がします。恩施のサッカーの将来を考えるとアホなルールです。



ってかですね、『革・合成革』以外のスパイクなんて、実質存在しないんですね。

それ以外って…布!?

少なくとも、ポイント(裏面のボツボツ)が無いと、人工芝では超危険です。どうすんだろ?

しかし、あるところにはあるんです。布のスパイクが…すげぇぜ中国。びびりました。



P1090041.jpg
ジャーン!!(死語)まさかの布スパイク!!って、ナイキ!!??



P1090044.jpg
え…三球…?しかもこの『三』の真ん中、ふざけてるとしか思えん(笑)



これ、初めて見たとき、「ナニコレ?上履きか!?」っと思いました。

布地に裏は全面ゴム(ポイント付きだが…)。まさに正しい上履きではありませんか。

それと頭をよぎったのが、「恩施のサッカー協会がこの企業と提携してるだけじゃ…」って事。

まぁ、履き心地最悪で、試合のたびに足の裏が痛くなるんですよね、この布スパイク。。。



P1090045.jpg
ソールは全面ゴム!しかもゴムのスパイクで足に最高!!な訳無し!!


なんというかですね、『文句が結集しすぎると諦める』って感じです。

従って、このヘンテコなパチ物スパイクを履きながら、毎週末試合をしています。

でもいい事も。平日の試合は“スーパーリーグ”ではないので、普通のスパイクなんですが。

普通のスパイク履くと、恐ろしく気分良くサッカー出来るんです。いやー、良かった良かった。



話はその他の靴の話になります。

自分はこの1年4ヶ月で、なんと5足の靴を履き潰しました。

スニーカー2足(共にadidasのスタンスミス)、テニスシューズ、バッシュ、サッカーシューズと。

テニスとバッシュは多少年季入っていたので自然なんですが。しかし良く歩いてる証拠です。



P1090034.jpg
くたびれたスニーカー。こまめに洗ってるけど、横が左右どちらも穴開いてしまった。



P1090036.jpg
良く頑張ったよ、スタンスミス…



普段履くスニーカーも、歩く量が日本のときとは比べ物にならないんでしょうか。

まさか、スタンスミス2足潰すとは思いませんでした。

スニーカーも自分は結構こだわりがありまして。気に入った靴を何足も履く方なんです。

しかし、『良く歩く』をテーマに、同じくネットショップで究極の靴を購入しました。



P1090031.jpg
ジャジャーン(死語)!!!歩くのに最も適してると言われるニューバランスです。



そう、最後の砦、ニューバランス。これ、歩き心地は最高だと、仲間内では有名です。

そして、残念な事に、週末のおばちゃんスニーカーとしても有名ですが(おかんも履いてる…)。

これもネットで8000円位。高い買い物ですが、恐らく十分元を取れると思います。

ここ5年位、スタンスミスがスニーカーのトップに君臨していたのですが、とうとう交代です。



あ、冒頭にパチ物の話をいたしましたが。この夏、北京で100元(1200円位)でスニーカー購入。

パチ物のナイキで、『フリー』というランニング兼用シューズ。

結構良く出来た?パチ物なんですが、やはり歩き心地はなんとなく違和感があります。

皆さんも、足には投資した方がいいと思います。安かろう!悪かろう!ですからね…



P1090032.jpg
北京で買ったパチ物ナイキフリー。一見良く出来てるんですけどね。



P1090033.jpg
なんかはがれてきてるし…お得意の接着剤なんだろうな…



はい、果てしなく無駄に靴の話が続きました。これぞ、徒然やんぶろ。生産性ゼロ。

読み終わって、「時間を返せ!」と言われそうなので、先に陳謝いたします。

最後は2年生の掃除週間で、門番をしているかわいい妹ども4人と、口直しにパスタでも。

どちらにしても、生産性ゼロのバカアホやんぶろでした!!チャンチャン!!



P1080996.jpg
午前中門番さんのリューちゃんとキョーちゃん。かわいらしい笑顔です!



P1080995.jpg
こちらは正門を守る、トーちゃんとシュさん。いい笑顔。かわいい我が妹です。



P1090047.jpg
最後は得意のペペロンチーノ。シンプルで、それだけに難しい究極のパスタ。
このにんにくのカリカリ具合と、塩加減(それは見えないが…)、究極ですから!!

ヨウズ貰った!っと、一つの悩み相談…

P1080954top.jpg



こんにちは。この日曜日、およそ相当久しぶりに終日一人でいました。

土曜日に予定が詰まっていたため、その反動で日曜日、本当に久しぶりに終日一人でした。

金曜・土曜と夕食を学生と作って食べ、土曜はそれにサッカーと夜に会議があったので。

おわぁ!これは週末だ!!っと声高らか、1オクターブ位高く叫ぶやんぶろです。



そんな一人の時間を色々と雑事に割いていたら、気づいたら夜中…

休日ってなんでこんなに過ぎるのが早いんでしょう…ぐすん…

元々、今日のブログはなんか深い話にしようと思ってたんですが。断念。

今日は軽く、さらっと軽くていい話をしていきましょう。でも、一つ悩みがネ…



ちょっと深イイ話(←これってまだ流行ってる表現ですか?)。

我が家のお向かいさんのアーイー(阿姨、おばさんの意)とナカナカ良好な関係を築いてます。

色々と世間話したり、自分も北京でお土産買ったり。同居の息子さん夫婦とも仲いいです。

日中なんか関係なく、良き隣人です。こういう関係ってとてもほっこりしますね。



この前なんて、片栗粉が切れたので、アーイーに「片栗粉頂戴!」って(笑)

アーイー、嬉しそうにドバドバと片栗粉くれました。「もういい!もういい!」って(笑)

中国の人は仲良くなると日本人よりも温かいですね。時にしつこいんですが。

そんなアーイーの息子さんが今日の夜8時位に突然我が家をノックしてきました。



何かと思って出てみると、手にはデッカなヨウズ(柚子、ブンタン/サボン)が二つ!!

息子さんとその奥さんが二人で「これ、今日田舎に行って取って来たんだ。どうぞ~」って。

なんとヨウズの手もぎ!!携帯で撮った証拠写真も見せてもらいました(笑)

二つもくれて、「一人暮らしだから食べきれないよ」っと言っても、「いいから、いいから!」



P1080954.jpg
新鮮そうな全体的に青いヨウズ!昔人の家からパクったみかんとかこんな感じでした…



確かに田舎の山からもいで来た風に、なんとなく緑がかって自然ないい感じです。

とってもほっこりとした瞬間でした。いいですね、こういう人の温かみ。

今週末にちょっと出かけるので、お土産を買ってこようと思います。

家族みんなでワイワイ食べられるようなものがいいかな。プレゼントを買う楽しみが出来ました。



P1080955.jpg
しかしヨウズはでかい。ビール350mlと比較しても子のデカさ!
ちなみにヨウズを調べようとネットで『ヨウズ 果物』ってやったら、自分のブログだった(笑)



話し変わって。学生との食事のお話。

金曜日は3年生の東北出身の女の子と食事をしたんですが、ちょっと面白いご飯でした。

「あのー、あと二人連れて行ってもいいですか?(3人の予定だった)」っとその女の子が。

「あぁ、もちろんもちろん。どうしたの?もっと気軽に人増やしていいのに。」



「実は…東北料理を振舞うって先生に言ったんですが、振舞うのは…」っと彼女は続けます。

「私達の彼氏なんです…」

これには自分も吹き出してしまいました。愉快というか、彼氏可哀想というか…

この彼氏二人は自分は顔見知りで、以前一緒にBBQしてマメマメしく動いてた男子なのです。
(その時のブログはコチラ。前のブログでも自分は絶賛してます。)



残念ながらその日の写真は無いのですが、とっても楽しく愉快なひと時でした。

彼氏達をねぎらう為に中国語を話し(彼氏達は日本語科ではない)、彼女達には日本語で。

中国語話すと日本語聞きたがるし、日本語話すと彼氏達かわいそうだし。

しかし、中国の男性は本当に優しいですね。文句一つ言わないでキッチンで料理してました。



その翌日、土曜日は2年生との料理。いつも仲良くしてる、とっても優秀な子達。

良く3年生が「今の二年生はとても日本語を上手に話します」っと羨ましそうに言います。

自分自身、今の2年生には1年の0(ゼロ)初級から見続けて、同様の感想を抱いています。

だから、自分が誉められているようで、勘違い気味ですが、ちょっと鼻高々なのです。



P1080947.jpg
この子達はみんなとても熱心。男の子も正統マンガオタクですし。



今年が最後ですが、今の二年生はこれからも大切に育てて行きたいなって思ってます。

そんな中、ちょっと気になることが。一緒に食べた中の一人なんですが。

去年はとても学習意欲があり、頑張って日本語を話してたのに、最近急にレベルが落ちた事。

それと合わせて、とってもおしゃれに、そして綺麗になりました。傍目から見てもはっきりと。



うむ…そう、彼氏が出来たんですよね。それはそれで喜ばしいことなんですが。

なんか、勉強に影響が出てるのが手に取るように分かって…本当に…

自分はほぼ全員、会話のレベルの状態を把握しています。向上も低下もすぐに分かります。

2-4年生まで、レベルが下がった子にはそれとなく声をかけたりします。(1年はまだ未知数)



しかし、オトコが原因かもしれないだとなぁ…なんか嫌な舅みたいジャン…

土曜日に一緒に料理している時も、レベルについて言おうか言うまいか迷って…

結局言えずじまい(苦笑)。

リアルに、妹に彼氏が出来たお兄ちゃんの気分です。うぅ…妹よ…(ホントは末っ子ですが)



こういう場合はどうしたらいいんでしょう?未だに迷ってます。皆様のご意見を聞きたいです。

それとなく聞こうとは思っているんですが、「頑張りなさい」と言うべきか否か…

同級生を通じて言って貰うのも方法ですが、舅みたいに思われたくないなぁ…なんて言おう…

なーんて、悩みを抱えつつ、今日のお兄ちゃん的ブログは終了します…



P1080948.jpg
この日はテンプラ・お好み焼・唐揚の最強コンビ!!
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

やんぴん君

Author:やんぴん君
青年海外協力隊員として、
07年9月より、中国の湖北省
恩施市土家族苗族自治州
というカタ田舎にいます。
日本語教師をしています。
サッカーと旅行と読書と料理、
基本的に多趣味です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。